【登山】もう登っていいの?コロナウイルの登山自粛はいつまで?

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです。

 

今回は新型コロナウイルスでの登山自粛はそろそろ終わりなのか?

悩んでる人も多いはず。

今回は僕なりの登山開始時期を考えてみました。

 

モリくん

登山はいつまで自粛なの?

 

TOMO

人に決めて貰わず自分で決めよう!

僕はすでに登っています。

 

登山業界で発言力がある人や、登山関連企業や自治体なども、

あんなに登山自粛と訴えていたけど、

今だに、「登山やっていいよ」とはなかなか言ってくれません。

 

登山を再開するのに

その人たちが発信する、GOサインを待つのか?

それとも、自分で判断して登るのか?

 

悩んでいる人は、一緒に考えてみましょう。

 

今回は

  • 登山再開のきっかけ
  • 登山でのコロナ感染防止対策

についてまとめました。

 

本題の前にちょっと自己紹介

TOMO
<自己紹介>

大分県で美容師をやりながら、

休みの日にはほぼ山に登る生活を9年ほどやっています。

平日は仕事&筋トレ・休日は山登りで毎日忙しくやっています。

好きな登山スタイルは短パンです。

 

【登山再開のきっかけは、いつ?】

自分で決めよう!ってのは

ちょっと突き放した感じを、受ける人がいるかもしれませんが

結局、

人それぞれ違った理由で、登山自粛していたと思います。

登山を自粛していた理由がなくなった(解決した)のであれば、

登山を再開すればいい。

ただそれだそれだけのこと。

答えは、簡単です!

 

あなたが登山を自粛した理由とは?

 

人それぞれで自粛理由は違います。

あなたは何が理由でしたか?

 

登山自粛の理由の例
  • みんなそうしてたから
  • 批判されるのが嫌だから
  • 登山口(駐車場・山小屋)が閉鎖されていたから
  • 有名人(自治体・企業)登山自粛と言ってたから
  • 医療従事者が大変だから
  • コロナになりたくないし、人に移したくないから

 

など、理由は様々です。

あなたが登山自粛を決意した理由は解決されましたか?

 

理由によって登山再開は人それぞれ

 

例えば

 

みんな自粛してたから

「登山仲間やSNSでみんなが登山自粛モードだから」自粛した人は、

仲間やSNSでみんなが登山再開すれば山に行けますね。

 

批判されるのが嫌だから

他人の登山を批判してた人が登山開始したら、自分も登山再開。

これで批判されることもありません。

他人の批判していた人は、自分の登山再開を表明しましょう。

 

登山口(駐車場・山小屋)が閉鎖されていたから

登山口・駐車場・山小屋が開放&営業再開すれば、登山再開。

山小屋によっては営業を再開するが、

利用者が来て欲しいのか?欲しくないのか?曖昧なところがあるので、

どうしたいのか?WEBサイトやSNSで、

はっきりしてもらえると登山者も利用しやすい。

 

有名人(自治体・企業)登山自粛と言ってたから

登山自粛を促していた有名人や企業から、『登山再開OK』が出れば登山再開。

自治体は少しずつ、登山再開にGOサインを出し始めましたね。

ですが、自粛を呼びかけていた有名人はGOを出してる印象がない。

あんなに「自粛しろ」って言ってた人たちが、何も言わずに

フワッと通常の登山に戻ろうとしてるのが、個人的には???。

有名人の「登山自粛しよう」って言葉をしっかり受け止めて、

自粛にいたった登山者は、

山に行って良いのか?

まだ自粛なのか?

どっちつかずで悩んで当然。

『STOP』を出したんだから『GO』も出せばいいのにと思います。

せめて、いつ頃『GO』だよって、一言ほしいものです。

 

医療従事者が大変だから

医療現場が大変でなくなったら登山再開ですね。

医療現場って楽になることってあるのかな?

SNSでよくに目にしていた「医療従事者の負担になるから、山に登るな」って、自粛をうながしていた人たちは、医療従事者なのかな?

医療従事者であれば現状を把握することができるが、

医療従事者でない人たちは、医療現場を知ることができないので、

以前に、

SNSなどで医療従事者目線で登山自粛をお願いしていた人は、

医療従事者の負担にならないよう登山を自粛している人たちに

改めて現状の医療現場の報告と、登山を再開して良いのか悪いのか?を、

報告してあげると、自粛していた人たちは行動しやすいですね。

 

コロナになりたくないし、人に移したくないから

コロナがなくなれば登山OK!

だけど現状はコロナは無くなっていないので、

まだまだ自粛ですね。

 

後半ちょっと意地悪な書き方をしましたが、

あなたが何を思って自粛していたかで

登山再開のタイミングは人それぞれ違います。

 

実際コロナウイルスより、

人の目が気になって登山できない人も多いのではないでしょうか?

 

自分が登山自粛にいたった理由を思い出し、

自分の意思で、登山を再開していきましょう。

 

僕の場合は、登山口や駐車場の閉鎖していたんで

くじゅうの登山は自粛していました。

 

駐車場が開放された今は、早速登っています。

昨日も、駐車場が開放された牧ノ戸峠から登ってきました。

 

【登山でのコロナ感染防止対策】

一般的なソーシャルディスタンスなど基本的なことははぶき

それ以外での登山での感染防止対策をまとめてみました。

 

コロナ感染防止対策
  • マスクは持参して登ろう
  • トイレに気をつけよう
  • 休憩こそ要注意

 

マスクは持参して登ろう

登山口・休憩所・山頂など人が集まるところではマスクをしましょう。

登山中によくアゴにマスクをして、登山してる人を見かけますが、

アゴマスクは無しだと思います。

なぜなら

  • 暑いし
  • マスクが汗を吸うし
  • ゴムは伸びるし

マスクを使う場面になって、汗でビショったマスクが役に立つとは思えない。

貴重なマスクは無駄にせず、ザックのポケットに持参し

いざと言う時にサッと取り出し使いましょう。

 

トイレに気をつけよう

多くの人が利用して、多くの人が触れる場所なので注意が必要です。

除菌シート使ったり、手袋着用でトイレにいくなど工夫しましょう。

 

休憩こそ要注意

登山中より、休憩の方が感染防止意識が大事。

グループ登山での休憩では、おやつやご飯をシェアしたり、

おすそわけなどはやめましょう。

おすそ分けを断るのも勇気がいるので、その辺も考えて

自分の食べる分だけ持っていきましょう!

 

 

グループのキャンプであっても、各自ソロテント持参でのキャンプが

安心して楽しめそうですね。

 

【まとめ】

今回はいつまで登山自粛なのか?について考えてみました。

 

結論!

登山自粛のきっかけになった理由を思い出し

人それぞれ自分で決めましょう。

とはいっても、

コロナウイルスが無くなってわけではないので、

感染防止対策をしっかりして登山を楽しみましょう。

 

以上!

今回は登山自粛の終わりについて考えてみた

ボックルヘアのTOMOでした。

 

今回のブログが「面白かった」「参考になった」と思った方は、
Twitter・Facebookでイイね👍シェアしてもらえると嬉しいです。

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。