【夏登山】ドライナミックメッシュ✖️C3fit クーリング・アームカバー=夏の最強コンビ!

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです!!

今日は先日カモシカスポーツで購入したアイテムと、

僕流の真夏登山インナーの最強コンビについてです。

 

カモシカスポーツについてはこちらを⇩⇩

【八ヶ岳・残雪期】憧れの赤岳&赤岳鉱泉に登ってみた❹下山&旅の報告&お土産編

2018年5月21日

 

そして今回、僕がカモシカスポーツで購入したものとは⇩⇩⇩

 

C3fit クーリング・アームカバー

 

C3fitとは

2009年に誕生したブランドC3fi。

その始まりは日本発の『究極のタイツ』。

その特徴は身体機能と運動機能を向上させる

全く新しいハイパフォーマンスウエア。

 

C3fitの特徴

『C3fit』の最も大きな特徴は、着圧設計。

全身を適切な着圧で加圧することで、

運動時の余計なブレを抑制し、無駄なエネルギーの発散を抑え、

運動効率の向上が期待できます

 

一言で言うと、

スポーツするのにめっちゃ良いよ!

ってことです。

しかもクーリングってやつなので、

めっちゃ涼しいよ!ってことです。

 

涼しい理由
持続量感UVカット機能を持ち、

熱伝導性の高いしなやかなナイロン素材になので気持ちいい。

薄い素材ですが、UPF値25以上(白色で計測)のUVカット効果。

ストレッチ性と吸汗速乾性に優れ、

運動中のさまざまな動きに追従し、

かいた汗もすばやく乾かします。

 

 

そして、

このC3fitのアームカバーと、一緒に組み合わせて着て欲しいインナーが

こちら⬇︎

Millet(ミレー)のドライナミックメッシュ

前回ブログでドライナミックメッシュについて熱く書きましたが⇩

【ドライナミックメッシュ】変態覚悟の網タイツインナー!ミレー・ドライナミックメッシュを着てみた感想

2018年5月30日

率直な感想としては

ドライナミックメッシュ + c3fit  の方が、

ジオラインを着た時より断然涼しく快適。

 

しかもアームカバーなので、

涼しい時や日陰は半袖で、

暑くなれば☀

アームカバーを装着!!

着脱で体温調整もできるし、

生地自体が薄手で、

着けているだけでひんやり気持ちいい。

 

唯一のデメリットは、

生地が薄いので、

ミヤマキリシマなど強い木にひっかけると、

ビリッとお終いな予感です。

ひっかけやすいポイントでは注意が必要です。

 

アームカバーはモンベルやその他ブランドが各種 出てますが、

今のところC3fitのクーリングのアームカバーが

ダントツで涼しい!

しわっしわですが(笑)

収納袋まで付いていて、

しかもとても小さくなるのですごく便利です。

 

価格も定価2000円と安いので、

暑がりは絶対買ってください!!

ちなみに甲付きタイプもあります。⇩⇩

 

僕は半袖焼けしたくないので、

夏でも長袖のモンベル ジオラインやクールメッシュインナーを着ていましたが、

C3fitとドライナミックメッシュの組み合わせを知ってしまったがために、

もうそれ以外は着れなくなりました・・・

 

ジオラインいっぱい持ってるのに・・・もったいない(泣)

 

もったいないけど、

山は快適に歩きたいので

まだ知らない人には、この組み合わせを試してほしい。

残念ですが・・・

あなたも絶対!

ジオライン卒業です!!

おめでとう㊗️

以上!

今回は真夏の登山は

C3fitのアームカバーとドライナミックメッシュで登ってみて!!

の、ボックルヘアのTOMOでした!!

 

 

 

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。