【雪山登山】雪山初心者が絶対に選んではいけないアイゼン

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!!

ボックルヘアのTOMOです!!

これからのシーズン山を登るにはなくてはならない装備、アイゼン。

今回は、これから九州の雪山に挑戦する人に向けてアイゼンの話です。

sponsored link

九州の雪山と言っても僕の場合、ほぼくじゅうになってしまいますが、雪のくじゅうもとても魅力的なのでぜひ沢山の人に登って欲しいのです。

ですが、そう簡単に踏み込んでいけないのが冬の雪山。

冬には冬の知識や経験、装備が必要です。

今回はその装備の1つ。

アイゼンについてです。

まずはアイゼンについて

アイゼンとは!?

氷や氷化した雪の上を歩く際に、滑り止めとして靴底に装着する金属製の爪が付いた登山用具のことです。雪山ではなくてはならない必須アイテムで、登山の目的やルートによりアイゼンの爪の数や爪の長さが違ってきます。”アイゼン”の語源はドイツ語で、英語・フランス語の”クランポン”という呼び方もあります。

アイゼンの種類としては、爪の本数や装着の仕方など環境や用途によって多種多様あります。

 

この登山靴の下に装着する歩く凶器みたいなのが一般的なアイゼンです。

ですが、僕が思うに九州の雪山はこんなトゲトゲしいアイゼンではなく、軽アイゼンでOKです。

軽アイゼン!?

軽アイゼンとは!?

⇧の画像のようにトゲトゲしくないアイゼンの事です。爪の数が少なく、アイゼンの爪が足の裏に全て隠れるようなタイプのものです。

よく勘違いしやすいのは、アイゼンをつけて登る!というイメージが強いですが、九州の雪山では登りより下り。

もちろん登りでも使いますが、踏み固められたツルツルの登山道を安全に下るために軽アイゼンを使用します。

⇧このアイゼンはモンベルの商品ですが、足のうらを半分ほどカバーするこのタイプが個人的におすすめです。

そして雪山初心者がよく買いがちな軽アイゼンは⇩⇩

この土踏まずにちょこっとのこのタイプ

僕個人的考えですが

雪山初心者には絶対選んでほしくないアイゼンです。

『私はそんなに大冝座な物はちょっと・・・』と言って、雪山初心者が安易にこのアイゼン選ぶと・・・。

無いよりましやけど・・・むしろ無い方がいいかも。

確かに軽いし価格も安いし買いやすいのはありますが、これは本当に使いにくい!

このタイプのアイゼンは、ほぼ傾斜の無い雪原向きです。土踏まずにしか爪がないので、このアイゼンで急斜面を滑らないよう下るには、歩き方にすごくテクニックを必要とします。そして雪質が悪いと、爪の部分に雪の塊がつきやすくなり、一本下駄登山状態!

一本下駄を履いて登山!?

足を挫かないわけが無い!!

このタイプのアイゼンは中・上級者が夏の北アルプスでの雪渓用にと装備するものだと僕は思っています。

歩くテクニックに自信がなければ靴の裏を大きくカバーしてくれるこの⇩のタイプのアイゼンを買うべきです。

 

価格もだいたい¥6000以下です。僕がおすすめしないアイゼンと比べると若干高いですが、多少高くても絶対この6本爪タイプがおすすめです。

そして、最近よく見かけるようになったのが⇩⇩⇩

靴下を履くように、靴に履かせるアイゼンです。着脱は簡単そうですが、爪が短いのとゴムの部分の耐久性が何年もつか気なるところです。

このタイプは使用したことはありませんが、使いやすいとは聞きます。

軽アイゼンでも色々な種類がありますね。

これから雪山を始めるため軽アイゼンを購入を検討している参考になれば嬉しいです。

次回は今まで僕が使ってきたアイゼンやアイゼンの種類について書きたいと思います。

以上!

今日も絶好調のボックルヘアのTOMOでした!!

 

【雪山登山】牧ノ戸初心者が知らない 雪の牧ノ戸峠に潜む5つのトラップ

2017年11月27日

【雪山登山】くじゅうの雪山登山の魅力と危険

2017年11月24日

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。