GERRYクライミングパンツで登山してみた感想

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです。

 

今回は僕が仕事の制服に使ってる

GERRYのクライミングパンツを登山に履いてみました。

 

モリくん

いやいや!

普通にクライミングパンツっていってるくらいだから、登山で履けるっしょ!

 

TOMO

まぁ言われてみれば、そっか。

結論!

基本的には、すごく歩きやすく登山に適したパンツです。

ただし、履いてはいけない時期があるので要注意!

 

今回は

  • GERRYクライミングパンツについて
  • GERRYクライミングパンツを登山で使ってみた感想
  • GERRYクライミングパンツがオススメなひと

について紹介します。

今回のブログを読めば、GERRY1本買っとくか!

いや、全色買っとくか!

って気持ちになること間違いなし!

 

普段着にも、アウトドアにも

1本もっといて損はないオススメなパンツです。

 

 

本題の前にちょっと自己紹介

TOMO
<自己紹介>

大分県で美容師をやりながら、

休みの日にはほぼ山に登る生活を11年ほどやっています。

平日は仕事&筋トレ・休日は山登りで毎日忙しくやっています。

現在骨折中で派手なアウトドアは自粛中です。

Twitter・YouTubeもやってるので、

フォローチャンネル登録もお願いします。

≫【ボックルヘア】Twitter・Instagram・YouTubeはこちら

 

【GERRYクライミングパンツについて】

 

 

GERRY (ジェリー)クライミングパンツとは

 

 

僕がここ3年ほど、仕事の制服として愛用してるパンツです。

定価:3,990円

より詳しいパンツ紹介は以前のブログにまとめています。⬇︎

≫シンプルがカッコイイ!GERRY クライミングパンツ

 

 

パンツのより詳しい紹介の前に、GERRYについて軽く紹介します。

 

GERRY(ジェリー)とは

生誕から半世紀以上という長い歴史をもつ

アメリカン・アウトドアブランドの『GERRY』。

第二次世界大戦集結の年に、

ジェラルド(ジェリー)・カニンハム夫妻の手によりニューヨーク州でうまれた。

当初は、山岳部隊のための

質実剛健なクライミング&キャンプギアを製造していました。

現在では、ストリートのトレンドを融合させた、

アウトドア カジュアルウェア。

デニムとツイルの2タイプの生地から選べる、

クライミングパンツが人気商品です。

 

 

GERRYクライミングパンツのおすすめポイント

制服にGERRYのパンツを取り入れてはや3年になります。

3年間ほぼ毎日履いてしますが、

全くへたれず、全くあきのこない優秀なパンツです。

おすすめポイントはそれだけではありません!

 

おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 細身でタイト
  • 伸縮性に優れている
  • シンプルなデザイン

 

控えめにいって最高です!

 

価格が安い

定価3,990円。

楽天やアマゾンではちょっと安く買うことができますが、

丈夫で長持ち、毎日履いてもヘタレず、あきないって

コスパが良すぎる!!

 

細身でタイト

僕が特に気に入っているポイントが、パンツのシルエット。

細くてタイトですが、腰まわりや太ももあたりはゆったり構造なので履きやすい。

細身でかっこいいのに、タイトさに苦しめられないのは

驚き意外ない!

 

伸縮性に優れている

 

伸縮性に優れているからこそ、タイトなのにゆったり着れる理由。

クライミングパンツなので、足をガッバーっと開いてもOK。

と言うか、OKな構造で作られている。

伸縮性に富んでいるので、スクワットしても尻が出ない。

 

シンプルなデザイン

何にでも合わせられるシンプルなデザイン。

Tシャツでも、カチッとしたシャツでも、バッチリ合ってしまう。

ONでもOFFでも毎日履けるパンツです。

 

 

デメリット

  • ホコリがつきやす
  • ポケットが少ない
  • サイズがチノパンとデニムで異なる

ホコリがつきやす

唯一、ブラックのパンツだけがホコリが付きやすい?目立ちやすい。

黒のパンツを履く時は、定期的にコロコロが必要になる。

 

ポケットが少ない

少ないというよりは、3つしかない。

前のサイドに2つ。

後は右に1つ。

そう!左の後ろにないのが…残念!

僕は手ぶら主義なので、ポケットは4つ欲しい派なんです。

 

サイズがチノパンとデニムで異なる

個人的な感想ですが、デニムとチノパンでサイズが若干違う気がする。

僕の場合、

デニムはSサイズがちょうど良く。

チノパンはMサイズがちょうど良い。

デニムのMはチノパンのMサイズより大きく捨てるはめになった。

 

サイズの違いは、これから紹介します。

 

GERRY クライミングパンツ詳細

(171cm 65kg Mサイズ着用)

サイズ

 

<チノパン>

ウエスト 股上 股下 ワタリ 裾幅
M 76前後対応 22 71 26 14
L 84前後対応 23 72 28 15
LL 94前後対応 24 73 30 16

(※チノパンのサイズ表です。)

<デニム>

ウエスト 股上 股下 ワタリ 裾幅
S 76前後対応 22 71 26 14
M 84前後対応 23 72 28 15
L 94前後対応 24 73 30 16
LL 104前後対応 25 74 32 17

 

 

注意点⚠️

比べてみると一目瞭然ですが、

チノパンとデニムでワンサイズほどサイズ感が違います。

僕はチノパンはMサイズ。

デニムはSサイズを着ています。

詳しくはブログを参考にしてください。⬇︎

 

≫シンプルことがカッコイイ!GERRY クライミングパンツ

 

 

カラー

 

チノパン

ブラック・ベージュ・カーキの3種類

 

 

デニム

ブラック・ダークブルー・ミッドブルーの3種類

 

注意点⚠️

デニムは、店舗で色表記が若干違う。

スカイブルーやブルー、ワンウォッシュなど言い方が違うのか?

色のバリエーションが違うのか不明。

しっかり色を見極め購入しよう!

 

ちなみに僕の好きな色は、

チノパンのブラックと、デニムのミットブルーです。

 

【GERRYクライミングパンツを登山で使ってみた感想】

 

実際に履いて歩いたブログ

【佐賀県の山】九州のロックガーデン土器山に登る!

【佐賀県の山】節分には鬼ノ鼻山ハイキング

【福岡県の山】海から歩く低山 糸島 立石山

【福岡県の山】暖冬の天拝山・基山縦走

 

 

登山で履いてみた感想としては、

結論!

季節を選べば、かなり使える登山パンツ

 

良かった点(メリット)

良かった点
  • 大股がノンストレス
  • タイトだけど圧迫感がない
  • 丈夫さ
  • コスパ
  • 人とかぶらない

 

大股がノンストレス

やはりクライミングパンツなので、

大股で登った時に特に良さを実感します。

開脚しやすい作りになっているので、ノンストレスで股がガッバーと開きます。

それと同時に、ストレッチも効くのでさらに足運びがスムーズになります。

 

タイトだけど圧迫感がない

一見タイトできゅうくつっぽく見えますが、

腰やお尻はタイトに作られていません。

なので、実際は見た目よりゆったりな履き心地です。

登山となると、長時間履くこともあるので履き心地は良い方に決まってる。

 

丈夫さ

しっかりした生地感なので、そうそう破れる心配もない。

たぶんあの強靭なミヤマキリシマにも負けないとおもうタフさ!

 

そもそもGERRYは、

その品質と機能の良さから、

アメリカ登山隊エベレスト登頂正式装備として採用されてるので、

もう、品質の良さはお墨付きです!

 

コスパ

登山用のパンツはまあまあ良い値段します。

僕が好きなノースフェイスのパンツも15,000円は平気で超えてきます。

高価なパンツは値段にあった高機能がありますが、

手軽に履くパンツとしては高すぎる。

そんな高価なパンツで、ミヤマキリシマは見に行けません。

手軽に山でも街でも履ける登山パンツとして、

GERRYのパンツは4,000円以下で買うことができ、とても優秀です。

 

人とかぶらない

僕の大好きなノースフェイスのアルパインライトパンツは、

機能性など気にいって長年履いていましたが、

やはり良いパンツは人気が高く、

さらにノースということで…。

みーんな、履いてる。

一度の登山で何人もの、アルパインライトパンツユーザーと出会います。

 

これはこれで良いんやけど…。

なんかちょっと、個性出したくなるよね(笑)。

 

GERRYクライミングパンツが適した登山シーンと注意点

適したシーン

●軽登山がオススメ。

軽登山やハイキング、キャンプなどがおすすめ。

登山であれば、ゆっくり歩いて4時間以内であればOK。

 

注意点⚠️

●真夏&真冬はさける

残念ながら、速乾性に優れたパンツではないので、

大量の汗をかいてしまう夏登山や、

雪の中をガシガシ歩くような、

濡れる登山には向かない。

 

●着圧タイツとは一緒に履かない

足回りがタイトなパンツなので、着圧タイツとセットで履いてしまいと、

パンツとタイトの圧&圧で、

血液がうまく廻らず、

快適登山度は全く逆の、足👣重々登山になってしまう。

着圧タイツは履かず、パンツ1枚で履きましょう。

GERRYは着圧タイツが必要のない山に、履いていきましょう。

 

 

【GERRYクライミングパンツがオススメなひと】

向いてる人
  • シンプルなパンツが好き
  • アウトドアも好き
  • タイトなパンツが好き
  • 手頃で機能的な登山パンツを探してる

 

シンプルなパンツが好きなひと

パンツはシンプルが一番って人には、ぜひオススメ。

登山ウエアもあれこれ、自分の好みの色を買ってると、

トータルで見た目ががちゃがちゃしてしまうので、

好きな色をオシャレに見せるためにも、パンツはシンプルに限ります。

何にでも合わせやすいです。

 

アウトドアも好きなひと

 

伸縮性に優れていて丈夫なので、アウトドアにももってこい!

アウトドアでも履いてほしいオススメのパンツです。

普段履きにもするけど、キャンプや軽く登山もする人には、

ぜひ持っといて損はないパンツです。

 

タイトなパンツが好き

足回りはタイトでシュッとしているのに、腰回りはタイト過ぎない。

ゆったり履けるタイトなパンツです。

 

手頃で機能的な登山パンツを探してる

アウトドアブランドは高価なものが多いなか、

この機能と履き心地で、

4,000円前後で買えるパンツを僕は、他に見たことがありません。

この価格なら、ちょっとハードなアウトドアでも、ガシガシ履いていけます。

 

【まとめ】

 

今回は「GERRYクライミングパンツは登山に履けるのか?」を

深ぼってみました。

結論!

季節を選べば快適に登山できます。

注意点としては、速乾性が劣るので、

真夏で汗でびしょびしょになる登山や

真冬の雪深いの中をガシガシ歩く登山には向いていません。

それ以外の比較的軽めの登山(行動時間4時間程度)であれば、十分に使えるパンツです。

足運びの良さや、見た目のかっこ良さに、コスパの良さが加わり

控えめにいっても、かなり優秀なパンツです。

しかも意外とみんな履いていないので、

シンプルに個性を出すにはもってこいのアイテムです。

アウトドア用のパンツや、登山パンツを探してる人は

GERRYクライミングパンツは要チェックです!

以上!

今回はGERRYクライミングパンツについてまとめてみた

ボックルヘアのTOMOでした。

 

今回のブログが「面白かった」「参考になった」と思った方は、

Twitter・Facebookでイイね👍シェアしてもらえると嬉しいです。

Twitter・YouTubeもやってるので、

フォローチャンネル登録もお願いします。

≫【ボックルヘア】Twitter・Instagram・YouTubeはこちら

 

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。