SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです!!

今回は【ボックル登山部・八ヶ岳】遠征第6弾!大雨の九州脱出!梅雨さなかの八ヶ岳へ❸赤岳鉱泉&下山編の続き

前回を見逃した方はこちらから⇩⇩

【ボックル登山部・八ヶ岳】遠征第6弾!大雨の九州脱出!梅雨さなかの八ヶ岳へ❸赤岳鉱泉&下山編

2019年7月14日

 

2019・7・2(TUE)

7:10 赤岳鉱泉 出発

昨日の疲れも何のその!

2日目も元気良く出発です。

〈2日目のルート〉

赤岳鉱泉から駐車場まで約2時間。昨日のルートで戻ります。

夜にたっぷり雨が降ったようで、コケも花もいきいきしています。

雨に濡れた岩で滑らないよう注意しながら下ります。

標高が下がるにつれ、温度も上がってくる。

みんなどんどん薄着になっていきます。

8:08 堰堤広場

赤岳鉱泉からここまで約1時間。

ちょうど半分下りてきました。

後は登山口まで林道を歩き。

8:50 美濃戸登山口 下山完了

あっという間に無事下山。

赤岳鉱泉~美濃戸登山口詳細

<行動時間> 1時40分(休憩含む)

<行動距離> 4.3km

<累積標高差> +46m・-555m

<消費カロリー> 977kcal

楽しかった八ヶ岳の時間も、あっという間に終わってしまいました。

そしてこれからが、本日最大の難所。

レンタカーの底を如何に擦らずに林道を下れるか🚙・・・。

行きよりは下りの方が運転しやすいが油断は禁物です。

下りもやはり、最新の日産車に張り巡らされた衝突防止センサーが、両サイド&車の底に危険が迫っているのを知らせるアラームが、ピッピッピッピッとけたたましくなり止まない。

けたたましくなるアラームと衝突のギリギリを攻める最徐行ドライブに、楽しかった八ヶ岳の思い出も消耗していく、地獄の30分。

スコアは底を1擦り。(※見た目に傷もなのでセーフ判定)

何とか無事に林道を抜けました(笑)

これで楽しかった八ヶ岳とはお別れです。

別れをおしみつつ、静岡に向かいます。

12:20 炭焼きレストラン さわやか 静岡インター店

やはり今回も来てしまいました。

前回のさわやか&さわやか詳細はこちら⇩⇩

【静岡名物】美味さに驚いた!さわやかげんこつハンバーグ&富士山の旅費

2019年6月9日

期待を裏切らない旨さ、みんなと味わえてよかったです。

ハンバーグで満腹になった後は、観光に出かけます。

久能山東照宮

久能山東照宮へは日本平からロープウェイに乗ります。

ロープウェイ乗り場はガスッガス☁

山以外でこんなにガスに包まれるとは・・・正直、予想外。

ロープウェイの駐車場は無料です。

ロープウェイの料金は往復1100円。

早速、葵の御紋がついたロープウェイに乗り込みます。

日本平ロープウェイ

富士山の景勝地「日本平」と、徳川家康が埋葬されたとされる国宝建造物「久能山東照宮」を結ぶロープウェイです。乗車時間はわずか5分間ですが、駿河湾の絶景を眺めながら楽に移動することができます。

詳しくは⇒日本平ロープウェイWEB

ロープウェイからは駿河湾も絶景もどこにあるのやら・・・真っ白の世界を結構なスピードで進んでいきます。

あっという間に久能山東照宮に到着です。

久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)

日本の静岡市駿河区根古屋に所在する神社である。 晩年を駿府で過ごした徳川家康が元和2年(1616年)に死去した後、遺命によってこの地に埋葬された。 江戸時代には20年に一度、明治時代以降では50年に一度、社殿を始めとした諸建造物の漆塗り替えが行われており、近年では2006年(平成18年)に社殿の塗り替えが完了した。 2010年(平成22年)12月に、本殿、石の間、拝殿が国宝に指定された。

詳しくは⇒久能山東照宮WEB

拝観料は500円

予想外の石段がつづきます。しかも段差が結構凄い。

さすが久能山と言うだけあり、山感があります。

久能山東照宮へのアクセスは、僕たちが乗ってきたロープウェイ以外に海側から登ってくる参道もあります。

海側のアクセスは石段の参道を1159段登るだけ。

天気が良く駿河湾の景色が一望できるなら、僕も石段から登ってきたかったです。

石段を登り進め、国宝の本殿へ

久能山東照宮を作ったのは、中井正清。

この人が手がけた建築物が本当にすごい。

二条城や江戸城、知恩院、江戸の町割り、増上寺、名古屋城、日光東照宮など、当時の徳川家関係の重要な建築物はほとんど彼の手によるものです。

更に石段を登っていくと

家康の墓。

ガスで幻想的です。

久能山東照宮は、日光東照宮より観光客がやや少ない。

以前、登山部の遠征の帰りに日光東照宮に行った時はかなり雨が降っていたのにもかかわらず凄い人で、少しうんざりしましたが、ここは観光客が多すぎないので見やすいし歩きやすい。

ゆっくりじっくり見学できるのでありがたい。

久能山東照宮をしっかり堪能し、再びロープウェイで駐車場まで戻ります。

駐車場からは、歩いて隣の日本平夢テラスへ移動します。

日本平夢テラス

ロープウェイの駐車場から徒歩2分

日本平夢テラス

標高300mの丘陵地で、駿河湾越しに仰ぎ見る富士山、眼下に見える清水港、伊豆半島、南アルプスのパノラマビューは、まさに至福の絶景。
365日、24時間を通して様々な姿を見せてくれる富士山に代表される四周の眺望をが楽しめる。

施設内では、1階に日本平の歴史や文化の「展示エリア」、2階には景色を楽しみながらくつろげる「ラウンジスペース」、そして3階には「展望フロア」。 屋外の展望回廊は、1周約200m、富士山や駿河湾、三保松原など、360度のパノラマ展望と、夜には夜景も素晴らしい。

詳しくは⇒日本平夢テラスWEB

昨年の11月にオープンしたばかりなので、新しく綺麗。

ガスッガスですが、せっかくなので展望回廊を一周。

見えないけどそこにあるはずの富士山と📷

📷イメージ⇩⇩

ガスッガスで何一つ景色は楽しめなかったけど、それでも来てよかったです。

今度は絶対天気がいい日に来たい。

17:45 富士山静岡空港

今回の旅では一度も富士山を見ることができなかったと思った矢先!!

遠くに富士山を発見!

最後の最後に富士山も見れてラッキーでした。

19:25 福岡空港 到着

去年は帰り飛行機が台風直撃のため一波乱ありましたが、今年は無事福岡空港に帰ってくることができました。

 

【旅費】

〈交通費〉

金額(円) 1人当たり(円) memo
飛行機 31,200 31,200 福岡空港⇔富士山静岡空港
レンタカー 9,232 1847 3日間・免責込み
高速料金 3,460 692 静岡空港⇔八ヶ岳
2,060 600 日田⇔太宰府
ガソリン代 4,161 833 静岡空港⇔八ヶ岳
1,000 334 日田⇔太宰府
駐車場 2,000 400 赤岳山荘・2日間
2,400 600 福岡空港・3日間
合計 55,513円 37,406円

 

〈宿泊代〉

1人当たり(円) memo
快活クラブ 1,433 入会金+3時間パック
赤岳鉱泉 10,000 2食付き
合計 11,433円

〈その他〉

日本平ロープウェイ 1100円

久能山東照宮拝観料 500円

げんこつハンバーグ 1100円

その他は省くとして、今回登山にかかった費用は交通費37,406と宿泊代11,433円。

約48839円くらいです。

いつもの1人での遠征登山に比べると、人数がいる事で飛行機以外の交通費が格段に安くなりました。

 

【感想】

登山部としては去年の北アルプスデビューに引き続き、今回の八ヶ岳デビュー。

今回も事故無く無事に登頂できて本当に良かったです。日ごろの筋トレの成果も十分に発揮でき体力的には、余力をしっかり残せた理想の登山だったと思います。

天気も雨予報だったのに晴れてくれたこと、山小屋では美味しいご飯と気持ちいい激熱なお風呂にも入らせてもらったこと、最後までみんな元気に笑顔で登山できたこと、全てに感謝です。

僕自身、正月に登れなかった硫黄岳に登れたことも嬉しかったです。しかし、荒れた林道での登山口へのアクセスは、何度運転しても嫌なものでした。次は絶対違う登山口から八ヶ岳に入りたいと思います。

以上!

今回でボックル登山部遠征第6弾!八ヶ岳登山は無事完結のボックルヘアのTOMOでした!!

長々お付き合いくださりありがとうございました。

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。