【キャンプ】MSR のテント ハバハバNXの感想【7年で感じらメリット・デメリット】

SPONSOERD LINK




 

こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです。

 

今回は紹介します。

 

 

今回は僕が7年ほど使っている登山用のテント

MSRのハバハバの紹介です。

 

本題の前にちょっと自己紹介

TOMO
<自己紹介>

大分県で美容師をやりながら、休みの日にはほぼ山に登る生活を9年ほどやっています。

平日は仕事&筋トレ・休日は山登りで毎日忙しくやっています。

好きな登山スタイルは短パンです。

 

 

モリくん

本題の前に1個、質問。

登山用のテントって?

 

TOMO

ざっくり言うと

登山用のテントは普通のテントとは違い。

軽くコンパクトに作られているテントです。

 

 

 

今回はMSRのテント ハバハバの感想をまとめましたが、

現在のハバハバは僕のテントより、

かなり進化を遂げているので、参考にならないかもしれませんが、

よかったら最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

 

【MSR】

MSR(エム・エス・アール)とは

MSRとは1969 年にラリー・ペンバシーが立ち上げたブランド名

Mountain Safety Research 」の頭文字をとったもの。

その名の通り登山やアウトドアの道具に特化したアウトドアメーカーです。

 

WEBサイトはこちら⬇︎
https://www.e-mot.co.jp/msr/ 

 

 

【MSR  ハバハバNX 】

MSRの数あるテントの中から、

僕が初めて買ったテントはMSRのハバハバNX

名前の意味こそよくわからないテントですが、

見た目が、ものすごカッコよくて気に入ってます。

 

 

僕のテントは緑ですが

現在は白&赤が発売中です。

 

 

MSRのハバハバNXの特徴

ハバNXをベースにした2 人用モデルのハバハバNX。

2人でも使っても圧迫感を感じない、広さと高さを備えています。

両サイドにはドアと前室を備えています。

テント詳細
定員:2
ドアの数:2
最小重量
(フライ/本体/ポール):1600g
総重量:1760g
フロア面積:2.7m²
前室面積:1.62m²
フロア容積:1217L
前室容積:481L
室内最大高:100cm
収納サイズ:46×15cm

3シーズン対応で軽量、

コンパクトなバックパッキングテントなのが「HUBBA NX」であり、

軽さと居住性を両立したバックパッキングテントのベストセラーです。

キャンプ初心者でもスムーズな設営が可能。

 

テントの柱となるポールはイーストン社のサイクロンポール。

 

このポールは航空機グレードの複合素材で作られていて弾力性が極めて高く、

強風などの力が加わるとその強さに合わせて曲がり、元の形に戻ります。

 

レインフライシートとフロアには、

新しいコーティング技術、エクストリームシールドシステムを採用しています。

この新しいコーティングは、

従来の標準的なコーティングと比較して約3倍長持ちします。

 

さらに、

正確で耐水性が高い縫製によってシームテープをなくし、

経年劣化によってシームテープが剥離するトラブルを解消し、

同時に軽量化にもつながっている。

 

つまりは、

軽くて、丈夫で、広い!

 

【使ってみたと感想(メリット・デメリット)】

ハバハバNXのメリット

特徴でメリットを十分に紹介しましたが、

上で紹介したメリットである特徴はもちろん

その他に僕が感じたメリットはこちら⬇︎

メリット
  • かっこいい
  • 人とかぶりにくい
  • ズボラな人に嬉しい広さ
  • 涼しい

かっこいい

がっつり個人的な感想ですが、

テントの見た目・デザインが気に入っています。

フライシート(外側)がみどりで、インナー(内側)が白とグレーで色合いも、

山に馴染んでいて、山に溶け込むような感じがたまらなく好きです。

(※現行は赤白なので参考にならなくてすみません)

 

人とかぶりにくい

キャンプ場にいくと、日本が誇るアウトドアブランドのモンベルテントが多く。

モンベルのテントはもちろんとても良いテントなので

多くの人が使ってる訳ですが・・・

僕の場合、

ちょっと個性を出したくてMSRを選びました。

人とちょっとつがうと、

遠くからみても自分のテントを見つけやすいです。

 

ズボラな人に嬉しい広さ

前室が広いので、靴や荷物をおいたり、調理をしたりと

テント内を広々使うことができます。

2人用のテントってこともありますが、

僕は整理整頓が苦手ズボラ人間なので、

すぐにテントの中でものを散らかしてしまいます。

しかしこのテントの広さであれば、多少テント内を散らかしていても

余裕なところも気に入っています。

(※ちなみに2人で使ったことはありません。)

 

涼しい

インナーテントがメッシュになっているので、

真夏でも涼しく快適に寝れます。

メッシュ素材なので、メッシュが網戸の役目をしてくれて

虫が入ってくるのも防いでくれます。

 

ハバハバNXのデメリット

僕の感じたデメリットは2つ

デメリット
  • 価格が高い
  • フライシートの表裏がわかりにくい。

 

価格が高い

モンベルのテントと比べると値段が1.5〜2万円ほど高い。

輸入品なので関税や為替とかの関係で高くなってると思います。

 

フライシートの表裏がわかりにくい。

このデメリットとは言ったものの、大した問題ではないが、

フライシートの内側にMSRと印字されているので、

MSRの印字されてる面を表にして設営してしまうことも多々あり、

やり直す場面が何度かあった。

毎回キャンプをするのであれば、そんなうっかりも少ないと思うが

たまにのキャンプでは毎回混乱する。

 

ハバハバNXを使ってみて感じたこと

初めてのテントとして7年前くらいに購入し

使用回数は13回くらい。

(あんまり使ってないね)

当時4万円くらいで新品をオークションで購入しました。

 

正直、他のテントを試していないので、

他のテントと比べてどうのこうのと感想を言うことはできませんが、

当時の感想としては、

キャンプ初心者には設営しやすいテントでした。

初めてテントを立てたときの喜びとワクワク感は今でも覚えています。

できないと思っていたことが、できた喜びを全力で感じた。

 

前室もテント内も広く、

僕みたいに整理整頓が苦手な人には

荷物を広げたまま、

あれやこれやできるのでおすすめのテントです。

 

現在のHUBBA NX(ハバ NX)2人用は、

僕のテントより

軽量化・ポールの強化・フライシートの加水分解への対処など、

かなり進化しています。

なので、更に!

軽い・広い・丈夫でカッコいい!

正直、

MSRのハバハバNXを買って大満足です。

 

満足すぎてテントを外から眺め

テントをつまみに飲めちゃいます。🍺

価格が高いこと以外は、かなりオススメのテントです。

 

【まとめ】

今回はMSR ハバハバの感想をまとめました。

僕のテントはモデルチェンジする前のものなので

感想が参考になるかは微妙ですが、

僕が7年つかってみて感じたメリットは

メリット
  • かっこいい
  • 人とかぶりにくい
  • 広い
  • 涼しい

 

そしてデメリットは

デメリット
  • 価格が高い
  • フライシートの表裏がわかりにくい

 

ヘビーユーザーと言えるほど、テントを使ってはいませんが、

デザインのカッコ良さと、丈夫さ、設営の簡単さには

とても満足しています。

7年前のハバハバでここまで満足してるので、

現行のテントは、軽さ・耐久性・オシャレさなど、

どれも驚くほど進化してるに違いありません。

 

登山用のテント購入を考えてる人は、

ぜひMSRのハバハバも候補に入れてみてください。

オススメです。

 

最後に!

MSR ハバハバを購入したら、MSRのサイトにユーザー登録しましょう。

破損やフライシートが加水分解してしまった際に、無償交換してもらえたりするので

ユーザー登録はお忘れなく。

 

余談ですが、

ここ最近、僕は長年我慢してきた

一人用のソロテントをそろそろ買っても良いんじゃないの?

と、こそこそ散財する準備をしています。

 

早く10万円届かないかな〜。

 

以上!

今回ははMSR ハバハバの感想をまとめてみた

ボックルヘアのTOMOでした。

 

今回のブログが「面白かった」「参考になった」と思った方は、

Twitter・Facebookでイイね👍シェアしてもらえると嬉しいです。

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。