【登山・遭難】山で遭遇した不思議&恐怖体験 3選!

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!!

ボックルヘアのTOMOです。

今回は山で僕が遭遇した不思議体験についてです。

モリくん

山で怖い体験したことないの?

わりとよく聞かれるこの質問。

山で怖い体験をしたことは・・・

ありません!

未だかつて滑落や助けを求めるような遭難は経験したことがありません。

ビビリな慎重派なので(笑)

しかし不思議体験や、今思えば危なかったな!って思う体験ならいくつかあります。

今回は僕が体験した山の不思議な出来事を紹介したいと思います。

TOMO
<自己紹介>

大分県で美容師をやりながら、休みの日にはほぼ山に登る生活を9年ほどやっています。

ブログで生計を立てることを目標に、ブログ毎日更新に奮闘中です。

基本的に新し物好きの挑戦したがりですが、ビビリな慎重派です。

 

【僕が山で体験した怖い&不思議なこと】

僕は霊感とか全くないので幽霊などは見たこと無いですが、 僕が怖いというか危なかったなと思う体験は、今まで3つくらい体験しました。

不思議な出来事
  1. 猪に遭遇
  2. 危うく第一発見者
  3. 迷子になった?

① 猪に遭遇

主な活動範囲が九州なので、熊ではなく猪です。

福岡県の福智山に朝駆け登山にソロで行った時の話。

山頂手前で突如、目の前に現れた大きな猪に驚き!体がかたまった。

その距離2m。猪と完全に目が合ってるし。
動かない一人と一匹。硬直状態の10秒。

あの10秒は長かった。
猪が去ってくれたので良かったですが、襲ってこられたら避けれる自信も勝てる自信もなかった。

あんな間近で獣をみたのは後にも先にもこの1度きり。

今までは車から猪を目撃したことがあったが、守ってくれる壁が無いのは相当怖かったし、かなり危なかった。

危うく第一発見者

正月明けの日に福岡県のある山へ朝駆けソロ登山に行こうと、
前日に前から行ってみたかったマイナールートを検索するも、
2・3日前にはチラッと見ていたそのサイトを見つけられず、ルートの確認ができなかったためマイナールートは断念。

メジャーな登山口から入りその日は無事に登山できたが、

後日改めてマイナールートを検索すると、
僕が登ろうとした日に、その登山口から登っていた人が第一発見者となてしまったブログを上げていた。

何の?第一発見者?!

あれですよ!あれ!

木にぶら下がってるタイプのやつです。

そのブログの人には悪いが、「あの日サイトを見つけられなくて良かった。」と全力で思ったし、でもなぜサイトを見つけられなかったか?今でも疑問が残る。

迷子になった?

僕の中ではこれが一番の不思議体験。

宮崎県の五葉岳という山に登るためにお化粧山登山口を使ったことがある。

5月になるとアケボノツツジを見にくる登山者で賑わう山ですが、僕が登った時期は4月。まだ山に人がほとんど入らない時期に5月の下見を兼ねて登りました。

実はこのお化粧山登山口が、前から怖い噂があり山の師匠に必ず粗塩を持っていけと忠告を受けるような山です。

怖い噂とは、

昔々ここがまだ炭鉱で栄えていた頃、炭鉱夫の娯楽のために女郎小屋を作った。この女郎小屋で病気などで亡くなってしまった女の人の幽霊が出るとか出ないとか・・・

そんな噂がささやかれていて、

ビビリだけど、試練を乗り越えたがりの僕はその山へソロで入りました。

色々な忠告を守り順調に山頂を越えて行きましたが、ある時を境に

登山道や現在地を見失ってしまった。

  • コンパスとGPSダブルで不具合発生!
  • 立ち込める霧で周りの山が見えなくなる
  • 登山道が見つけられない

かろうじて分かるのは、五葉岳山頂に戻る道のみ

山頂から登山口までは1時間で下れるはずなのに、気付けば5時間半も迷い続けてる。

日没まであと1時間。歩き疲れ、野宿を覚悟した僕。

装備的に野宿はできるが・・・。

ん!!

この山!幽霊が出るじゃんかー!!

ってことで、諦めの悪いもう一踏ん張り。

結論から言うと、暴言を吐きまくってメンタルの力で無事に帰れましたが。

いまだになぜ帰れたのか?なぜ迷ってのか?自分がどこにいたのか?疑問を残したままの下山でした。

詳しくはこちらを読んでもらえると、メンタルでどう乗り切ったかが分かります。⬇︎⬇︎

【九州百名山・宮崎県の山】幽霊が出ると噂される山に行ってみたら案の定・・・帰れなくなった

2018年3月9日

これが僕の怖い&不思議体験です。

ここで、登山初心者の人に、勘違いしないで欲しいのが「山ってl怖い」とは思わないで欲しい。

怖い一面はあるが、ちゃんとした準備やリスクの少ない行動を心がければ、
こんな目に遭うことはほとんどありません。

 

【山で怖い目に合わないためには】

山で怖い目に合わない方法
  • マイナーな山のソロ登山を避ける
  • 荒塩を持つ
  • 明るくなって行動する
※怖いとはケガや滑落って意味ではなく、不思議体験って意味です。

マイナーな山のソロ登山を避ける

マイナーな山は人も少なく、鹿や猪など獣の方が多いので遭遇する確率が高いです。

鹿などは襲ってくることはないですが、猪には注意が必要なので、できるだけソロではなくにぎやかに登山することをお勧めします。

獣も人間には会いたくないので、にぎやかだと獣の方から逃げてくれます。

荒塩を持つ

スピリチュアルな話になってしまうけど、僕は霊感がないので効果はわかりませんが持っとくと安心です。

僕は密閉できる小さな袋に少量入れてザックに入れっぱなしにしています。たまに茹で卵などにも重宝します。

明るくなって行動する

早朝の暗いうちは、昼間に比べると鹿や猪に会いやすいので明るくなってからが安心。

マイナー登山口なども誰かが登った後であれば、安心して登れることが確定してるので明るくなってからがオススメです。

 

【まとめ】

山に何百回も言ってると怖いことの1つや2つ遭遇します。

しかし、だいたいひと気のない山に夜が開け切らないうちにソロで入った結果なので、

怖いな思いはしたくないなと思った方は、僕の真逆の行動

  • 人気のある山
  • 明るくなって
  • 2人・クループで登山

これをすれば、不思議体験などに巻き込まれず山を全力で楽しめます。

最後に!

今回紹介したのは僕の不思議体験ですが、僕の勘違いってこともあるので

こんな事もあるかもしれないよ〜って感じで読んでもらえると嬉しいです。

山でも海でも街でも不思議な体験はどこでもある事なので、ビビりすぎず引き続き山を楽しんでもらえると嬉しいです。

以上!

いざと言うときには、メンタルの強さだ!と実感したボックルヘアのTOMOでした。

今回のブログが
「面白かった」「参考になった」と思った方は、
Twitter・Facebookでイイね👍シェアしてもらえると嬉しいです。😄

 

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。