【アウトドア】アウトドア定番サンダル Teva・Chaco・KEENを履き比べてみた

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです!!

今回はアウトドアの定番サンダル、Chaco・TEVA・KEENのサンダルを僕なりに比べてみました。

人気のアウトドアサンダルChaco(チャコ)・Teva(テバ)・KEEN(キーン)をご存じですか?

これからの季節、アウトドアシーンで大活躍のサンダル。

履きやすさや水辺での動きやすさなどの機能面はもちろん、カラーやデザインのお洒落さで街にも合う、夏に大活躍のスポーツサンダルです。

Chaco・TEVA・KEENは、アウトドア好きやキャンパーの中ではド定番の3大ブランド。

僕もChacoから始まりKEENを試し少し前にTEVAを買い。

ようやく3つをコンプリートしました。

この夏、アウトドア用のサンダルの購入を検討している人の参考になれば嬉しいです。

アウトドア用のサンダルで重要視するポイントとは?!

  1. 履き心地
  2. 丸洗いできる
  3. 重さ
  4. 靴下履きもできる

1・履き心地

これが最も重要。街や山、どんなところでもサンダルで歩きたい僕は長い時間・長い距離を歩くこともあるので重要視しています。疲れない履きやすさも大事だけど、どんなところでも滑りにくいソールのグリップも大事。

2・水陸両用(丸洗いできる)

サンダルのまま街や山、川や泥の中でもどこでも行くので、水の中でも当たり前に履けるのは当然。汚れても丸洗いできることが大事。

3・重さ

ザックに入れてキャンプ地に持って行くこともあるので、少しでも軽い方が助かる。それと、重たすぎると足がつかれてしまうのでNG!

4・靴下でも履ける

基本裸足でサンダルを履きますが、キャンプ地のどでたまに寒い時に靴下を履いてサンダルって事もあるので、しかも僕の場合5本指の靴下は履かないので、サンデルに股がないタイプの物を好みます。

4つの条件を考慮し3つのサンダルをレビューしていきます。

 

Chaco(チャコ)

Chaco(チャコ)

Chaco社は、1988年コロラド州で、マーク・ペイガン氏によって設立されたサンダルブランドです。コロラド州でリバーガイドがカリフォルニアのシューズメーカーで働いていた経験を生かし作り上げたのがChacoのサンダルです。通称チャコサン。

クソ汚くてすみません。

チャコサンは5?6年前に、当時¥9000くらいで購入した、CHACOの定番モデルです。

CHACOのサンダルの特徴は、足の甲と足首を固定するストラップが自分の足に合わせて調整できる仕組みになっています。

ソールはいままでVibram社のソールが使われてきましたが、新しいモデルからCHACO社独自開発のオリジナルソールが採用されています。新しいソールはグリップ力などの性能が向上し、かつ軽量化されています。

メリット
  • ソールの硬さ・グリップ
  • ホールド感
デメリット
  • 重い

調整が効くストラップのお陰でホールド感も良く、ソールは硬いため長時間歩いたり、ゴツゴツした岩場などでも足裏への衝撃が無く歩きやすい。

しかし・・・他のサンダルと比べると重い。僕のチャコサンは昔のビブラムソールのタイプなのでさらに重い。

なんと!片足430gもある・・・なので、登山しながらのキャンプには、サンダルだけで1㎏近くの荷物になるので、キャンプ地での出番は全くない。今のチャコサンはもっと軽いと思うけど・・・。

KEEN(キーン)

2003年、アメリカのカリフォルニアで生まれた会社です。創業者の、マーティン・キーン氏がサンダルでヨットで遊んでいた時に、デッキにつま先をぶつけ負傷。そのときに、つま先を守るサンダルは作れるのか?と考えたことがきっかけで開発された。

YOGUI(ヨギ)はNEWPORT(ニューポート)と並んで、KEENを代表する定番のサンダルの1つです。

YOGUI(ヨギ)は、オリジナルハイパフォーマンスクロッグ。サンダルにありがちなつま先の怪我を防いでくれる構造になっています。アウトソールもグリップの良いラバーソールを採用していています。通称ヨギサン。

メリット
  • 軽い
  • 脱いだり履いたりが楽
デメリット
  • フィット感が無い
  • サンダル全体が硬い
  • 服に合わせづらい

チャコサンと比べればその重さは半分と、とても軽いのですが、ストラップが無いのでフィット感、足との一体感に欠けます。

クロックスのように足を突っ込むだけで履けるところが履きやすく指が守られ安心です。

ソールも硬くグリップのききも良く濡れた場所で滑る心配はないですが、サンダルのボディー全体も非常に硬いため、サンダルの縁を土踏まずで踏むと、あまりの硬さに足つぼを押されてるような痛さがあります。

それと、見た目が個人的にあまり好きじゃない。近所やキャンプなら履いていけるが街には無理。

4年前ぐらいにオシャレキャンパーに憧れて購入するも・・・正直あまり出番が無い。

フィット感を求めるならNEWPORT(ニューポート)の方が良かったのかな?と思います。

Teva(テバ)

世界で初めてストラップ付きのサンダルを開発したのは、TEVAです。1984年、グランドキャニオンでラフティングガイドをしていたマーサッチャー氏が水辺でビーチサンダルが脱げないように足首を固定するアンクルストラップを付けたのがTEVAの始まりです。通称テバサン

TEVAのサンボーン ユニバーサルモデルです。

TEVAのサンダルの特徴はマジックテープ式というところです。好きか嫌いかは好みの問題になってくると思いますが、ストラップ自体にも伸縮性があり、マジックテープを毎回外す必要はありません。

メリット
  • フィット感
  • 軽い
  • ソールが気持ちいい
  • 服に合わせやすい
デメリット
  • ソールが柔らかい
  • 耐久性が不安

ソールの柔らかさがメリットでありデメリットでもあります。

TEVAのサンダルは一見どれも一緒に見えますが、実はストラップなど沢山種類があります。

その中でも、僕の一押しはサンボーン!

かかとのストラップにクッションがついているので沢山歩いても、かかととストラップの摩擦で擦れたり豆ができたりしません。

本当にジャストフィットしてくれる優れものです。

ソールが柔らかく足の裏を包むのでフィット感・ホールド感は抜群に良く、サンダルも自体もとても軽くてかさばらないので山にも持って行きやすい、そして何より服を選ばずに履けるところも素晴らしい。

しかし、ソールが柔らかすぎて長時間歩くと疲れる。柔らかすぎる故にソールのヘリが早い気がする。持って2年?履きやすいだけにダメになるのでは??と不安です。

正直、テバサンは買うのを2年くらい迷っていました。

結果、仕事以外は登山靴かテバサンしか履いていません。

〈まとめ〉

今一番の気に入っているサンダルは、Tevaのサンダルです。

履き心地も気持ちよく、どんな服にも合うので買って良かったです。てか、早く買えばよかったです。

しかし、ソールが柔らかいため長時間歩くと足が疲れてしまうので、そんなときはChacoのサンダルを履いて出かけます。Chacoは重いけどソールの硬さが自分の足になじんでくるとChacoの良さを実感できます。

皆さんも自分の足にあったサンダルが見つかると良いですね。

サンダルといえどサイズが合わなければ靴擦れするので、自分のサイズをしっかり下調べして購入してください。

以上!

今日はサンダルのボックルヘアのTOMOでした!!

 

【番外編】

クロックス

10年前に買ったクロックス。

当時8000円とべらぼうに高かったのを覚えています。

でも8000円の価値は十分にあり、『もう一つ同じものが欲しい!』と思った時にはすでに廃盤になっていました。

このクロックスのビーサンが履きやすすぎて、Tevaサンを買うまでChacoサン・ヨギサンがあるにも関わらず、

クロックスのソールの凹凸がなくなりツルツル滑ろうが

信じられないところが破損しようが

愛用し続けました。

このサンダルがもう捨て時と分かっていながらも・・・

まだまだ履いてしまう僕・・・。

再販してくれないかな~

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

2 件のコメント

  • コメせずにはいられない…
    そんなmiも、2年近く迷ってテバ買って大活躍。そして、同じく10年物のクロックス…裏ツルツル…同じの欲しいけと廃盤…
    玄関スリッパにはテバは不向きで、ビルケンEVA買うけど水に濡れてもが売りなビルケンEVAはイマイチ…

    よって玄関スリッパ模索中…w

    • コメントありがと
      悩むね~サンダル。
      クロックスの廃盤何とかならんかね(笑)
      毎日こんなに暑いと靴履けれんもんね
      いいサンダル見つけたら教えて!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。