メルカリ初心者が登山道具を売ってみた[登山道具は高価買取可能⁈]

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです。

 

今更ですが、先日初めてメルカリを利用しました。

登山道具って、買うとめっちゃ高いですが、

めっちゃ高いものは、

メルカリでも結構いい値段で売れるってのを実感しました。

モリくん

登山用品って、どんなのが高く売れるの?

 

TOMO

人気ブランドは高く売れる!

僕が今回売った商品は

  • KEENのサンダル
  • KLEANの水筒
  • マムートのレインウエア
  • コロンビアのレインウエア
  • ポータブルHDD
  • パタゴニアのキャップ
  • オリジナル手ぬぐい

の7つ。

売れた商品は4つ。

売れ残ってる商品は3つです。

今回はのブログでは

  • メルカリで売れた商品と売れ残った商品の違い
  • メルカリで登山道具を売ってみた感想は高価買取可能なのか?
  • 上手な登山道具の処分の仕方

について紹介します。

 

このブログを読むことで、

大枚叩いて購入した

登山・キャンプ道具を惜しむことなく、

整理・処分できるきっかけや、やり方がわかります。

できるだけ高値で売れるよう一緒に勉強しましょう。

 

本題の前にちょっと自己紹介

TOMO
<自己紹介>

大分県で美容師をやりながら、

休みの日にはほぼ山に登る生活を10年ほどやっています。

平日は仕事&筋トレ。

休日は山登りで毎日忙しくやっています。

現在骨折中で派手なアウトドアは自粛中です。

 

【メルカリで売れた商品と売れ残った商品の違い】

今回メルカリで売りに出した品物は

  • KEENのサンダル
  • KLEANの水筒
  • マムートのレインウエア
  • コロンビアのレインウエア
  • ポータブルHDD
  • パタゴニアのキャップ
  • オリジナル手ぬぐい

の7つ。

7つのうち、売れた商品は4つ、売れ残ってる商品は3つです。

 

メルカリで売れた商品

売れた商品
  • KEENのサンダル
  • KLEANの水筒
  • マムートのレインウエア
  • ポータブルHDD

KEENのサンダル(中古)

 

キャンプ用に購入したが、

他に履きやすいサンダルがあったため出番がないまま、

5年ほど放置。

使用回数は3回ほど。

 

KLEANの水筒(新品)

友人からの頂き物。

とても気に入っていて、4年ほど大事にしまっていましたが・・・。

出番がないため出品。

 

マムートのレインウエア(中古)

使用回数10回ほど。

5年前に購入。

基本雨の登山はあまりしないため、使用回数少なめ。

 

ポータブルHDD(新品)

動画用のHDDとして購入したが、

持て余していたため出品。

 

メルカリで売れ残っている商品

売れ残っている商品
  • コロンビアのレインウエア
  • パタゴニアのキャップ
  • オリジナル手ぬぐい

コロンビアのレインウエア(中古)

5年以上前に使用していたコロンビアのレインウエア。

使用回数は10回以下。

 

パタゴニアのキャップ(新品)

僕が大大大好きなパタゴニアのダックビル トラッカーズハット。

大好きすぎて家に3つも同じものがあるため、

1つ出品してみた。

 

オリジナル手ぬぐい(新品)

2年前に作成した、

ボックルヘアオリジナル手ぬぐいが、

数十枚余っていたので出品してみました。

 

【メルカリで登山道具を売ってみた感想】

売れた商品と、売れ残っている商品には

それぞれちゃんと理由がある。

 

売れた理由と感想

KEENのサンダル

<売れた理由>

アウトドア人気でKEENのサンダル人気が落ちていない。

商品自体キレイだった。

箱も中身の紙みたいなやつもあったし?

 

<感想>

販売当初は5,500円で出品していた。

値下げの要望が多く、メルカリデビューだった僕は安易に値下げしてしまい、

 

それが、そもそもの間違い。

送料込みの5,000円で取引完了した。

この手の商品は、送料が1,000円と高く、

メルカリに支払う手数料は取引価格の10%なので500円。

とうい訳で、KEENのサンダルを販売して、

手元に残ったのは3,500円。

と言いたいところだが、

発送のために、梱包材やカムテープを買ったり、

実際の利益は3,000円もないのが現実だ。

 

<取引情報>

取引価格 5,000円
手数料 500円
送料 1,000円
販売利益 3,500円

 

KLEANの水筒

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)とは

最高品質のリユース可能ボトルを作るだけでなく、

水筒がアウトドア好きの間で人気。

 

<売れた理由>

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)は、その機能性とデザイン性で

アウトドアを中心に人気の商品です。

さらに、出品した商品は、

これまた、人気アウトドアブランド「Patagonia」とのコラボ商品。

ということもあり、ソッコー売れました。

 

<感想>

コラボ商品で現在は販売していない商品なので、

正規価格より、若干高めの価格設定でしたが、すぐに売れました。

比較的売りやすい商品でした。

<取引情報>

取引価格 8,800円
手数料 880円
送料 700円
販売利益 7,220円

 

マムートのレインウエア

<売れた理由>

マムートが人気ブランドという事とと、

レインウェアがゴアテックスだったという事

基本、雨の日に登山に行かないので、

数回しか着ていないのが、売れた理由だと思う。

 

<感想>

送料も安く、レインウェア自体希望価格で売れたので、

他の商品より利益が残った。

しかし、衣類はサイズや質感などの質問が来ると、返答が面倒で難しい。

<取引情報>

取引価格 7,000円
手数料 700円
送料 175円
販売利益 6,125円

 

ポータブルHDD

<売れた理由>

新品未開封だったこと。

楽天やアマゾンのサイトより数百円安く出していたので、すぐに売れたと思う。

<感想>

購入金額から考えると、この販売価格では赤字。

必要になったら、また買うと思うが、

とりあえず、持て余していたので処分できてよかった。

<取引情報>

取引価格 7,500円
手数料 750円
送料 700円
販売利益 6,050円

 

売れ残ってる理由

 

売れ残っている商品
  • コロンビアのレインウエア
  • パタゴニアのキャップ
  • オリジナル手ぬぐい

コロンビアのレインウエア

<売れていない理由>

コロンビアという商品自体、そう高価ではないので、

中古のコロンビアウエアを欲しい人がいない。

購入からの年数が経っているのも関係してると思う。

<これから>

ウエアは送料の金額があまりかからない分、

利益につながりやすいので、値下げも考えている。

 

パタゴニアのキャップ

 

<売れていない理由>

ずばり!販売価格が高い。

「今は完売してる商品」「僕の超絶お気に入り」という事で、

強気の値段設定が原因でしょうね。

<これから>

僕の超絶お気に入り帽子なので、

最悪、売れなくても良いので多分、

値下げはしない。

 

オリジナル手ぬぐい

<売れていない理由>

そもそも需要がない。

有名ブランドでもないし、個人のオリジナルなので需要がなくて当然。

よっぽどの、てぬぐいコレクターか、

ボックルヘアファンしか買わないと思う。

<これから>

独自でECサイトを立ち上げたら、そっちに移そうと思っている。

送料と発送する手間がかかるので、値下げはしない。

 

基本的には、どれも絶対売ってやろうと思っていないので、

多分大きな値下げは考えていないです。

 

メルカリで不用品を売ってみた感想

感想は、ずばり!

めんどくさい。

が、慣れればそれなりに面倒は解消されるかもしれませんが、

売るならば、

「送料が安くて高値で売れる商品なら、やる価値があるのかな?」

と言った印象です。

とは言え、

KEENのサンダルは3,500円しか利益がでなかったので、

出品・やり取り・発送までやって、

3,500円は正直効率が悪いと思いました。

 

靴やサンダルなど送料が高く、高い金額で売れないものは

次回からは出品しないと思います。

 

 

反対に、マムートのウエアは送料も安く、梱包も簡単だったため

不要なウエアがあれば出品しても良いのかな?と思っています。

 

手間と利益を考えて出品しないと、

多くの時間が奪われ、結果的に損します。

 

登山道具は高価買取可能なのか?

今回学んだことは、

アウトドアブランドでも、

有名で割と高価なものは売れやすいということ。

  • Patagonia
  • アークテリクス
  • ノースフェイス
  • マムート

などはファンが多いので、割と高いか価格が期待できます。

もちろん状態にもよるけど。

有名ブランドのアウトドア用品は高いが、

リセールを考えると、良いものをキレイに使って高価買取ができるなら、

下手に安いものを買うより、

お得に良いものが使えて結果的にコスパがよくなる。

 

僕は気に入ったものならば多少高くても、買うべきだと思います。

 

 

【上手な登山道具の処分の仕方】

 

処分方法としては、

  • 売る
  • ゆずる
  • 捨てる

だれもが売れた方が嬉しいですが、

手間と時間がかかって数百円。ってことになるなら、

絶対に、もったいなくても人にゆずったり捨てた方がいい。

さらに、「欲しい人を探し回るくらいなら捨てた方がいい」と僕は思います。

 

高くで売れる商品であれば、多少で面倒ですが売る価値はあります。

売る方法としては

  • フリマアプリ
  • 業者買取

の2つ。

フリマアプリ

今回はメルカリを紹介しましたが、

他にも楽天のラクマなどもあります。

スマートフォン1つあれば、手軽にアイテムを売買できるのが魅力で、

若いユーザーを中心に、売買できます。

商品の撮影をしてタイトルや説明、

価格などを入力するだけであっという間に出品でき、

安心・安全にやりとりができるのもメリットです。

自分で、購入者とやり取りや、こん包して発送する手間がかかるのはデメリットです。

 

業者買取

最近では「アウトドア・キャンプ用品専門で買い取ってくれる業者も多く。

物によっては、オークションやフリマアプリより高く買取してもらえることもあります。

査定→買取→支払いまでのシステムが整っているため、

安心して利用できます。

フリマアプリのように、商品についての細かいやり取りや

梱包に気を使ったりしなくて良いので楽です。

買取方法は、

主に店頭持ち込み・宅配買取・出張買取の3種類。

買取条件・金額などは業者によって異なるので、

事前に査定サービスを利用するほうがオススメです。

アウトドア買取業者

 

など、他にも多くの業者があるので、

最も高く買い取ってくれる業者を選びましょう。



キャンプ・釣り・登山・アウトドア用品専門買取【JUST BUY】

 

【まとめ】

 

今回はフリマアプリ「メルカリ」で、

不要になった登山道具を販売してみました。

結果!

人気の登山道具は基本高く売れることがわかりましたが、

配送料が高いものは、売れても利益が残りづらいことがわかりました。

僕の性格上、1つ1つ売っていくのは面倒なので、

「業者買取の方があってるのかな?」といった印象。

メルカリは以前から気になっていたので、いい経験になりました。

僕みたいにメルカリデビューしていないあなたも、

ものは試しに不用品を売ってみましょう。

面倒ですが、結構面白いです。

 

以上!

今回はメルカリに初挑戦してみた

ボックルヘアのTOMOでした。

今回のブログが「面白かった」「参考になった」と思った方は、

Twitter・Facebookでイイね👍シェアしてもらえると嬉しいです。

 

≫出品代行サービスの【マカセル】

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。