SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです。

今回は、【福岡県の山】海から歩く低山 糸島 立石山❶の続きです。

前回見逃した方はこちらから⬇︎

【福岡県の山】海から歩く低山 糸島 立石山❶ BYボックル登山部(72弾!)

2020年2月13日

【福岡県糸島 立石山】2020•2•11

芥屋第一駐車場からゆっくり歩いて70分。

9:40 立石山山頂(209.6m) 到着

念願の木札もGETし、山頂でのんびり過ごす

10:10 下山開始

山頂から3分ほど下ると、展望の良い場所にでます。

絶景すぎる📷✨

素敵なところです。

絶景を眺めながら、シダ植物の道をじゃんじゃん下ります。

やがて、シダ植物はなくなり

高い木が増えてきました。

この辺からは展望がなくなります。

見るのは足元、砂で滑らないように慎重に下ります。

この急な階段を下ると

10:35 福の浦裁 登山口

この登山口から登れば立石山山頂まで25分で登れます。

ちなみに山頂から、写真ばしばし撮りながらゆっくり下って20分と、立石山に激近な登山口です。

駐車場もあるし歩くのに自信がない人にもオススメの登山口です。

ここからは車道を下っていきます。

下山は、登山道より車道を歩く時間の方が長い。

途中、ヤギに癒されながら、車道を下ります。

11:05 芥屋第一駐車場 到着

無事に下山完了。

糸島 立石山登山記録
<行動時間> 2時間25分(休憩を含む)
<行動距離> 4km
<累積標高差> +216m・-215m
<消費カロリー> 970kcal

いつもはソッコーで温泉ですが、今回は近場の観光スポットにちょっと寄り道します。

 

【糸島観光】

山の上からずっと気になっていたとんがった岩場に行ってみることに。

芥屋の大門

岩場の先端に行けるかわかりませんが、海まで行くと低めの鳥居が

鳥居の奥は・・・

 

海!

海が青すぎる🌊

鳥居の左側には、展望台へ続く道が伸びています。

展望台まで180m。

まさかの登山道にビーサンできてしまった僕。

でも、結果問題なし。

僕はビーサンでも登れますが、スニーカーがオススメです。

ここは「トトロの森」と呼ばれているそうです。

森を見慣れてる僕としては・・・?

トトロ感はほぼ感じないまま、展望台へ到着。

展望台は小さくこじんまりしてます。

大人4人が限界の広さ。

眺めは・・・。

さっきまで立石山の山頂にいたため、目が肥えてしまったいたのか?

正直・・・微妙。

ここを登るのなら、立石山の登山口から20分登った方が素晴らしい景色が見れる。

そして、 僕らが期待していた岩場の先端から展望台は山1つ分離れていて、僕らが思ってたんとはだいぶ違う展望台でした。

あっという間に鳥居にもどります。

散々ディスってすみません。

でも海は最高に綺麗でした。😄

鳥居の近くにはカフェなどが数件あり、良い感じの雰囲気でした。

 

まだ時間もあるので、もう1つ気になる観光スポットへ

芥屋の大門から車で約20分移動します。

二見ヶ浦

 

海に白い鳥居に夫婦岩。

冬なのにも関わらず沢山の人が写真を取りに来ていました。

さすが人気の観光スポットです。

夏ならダイブしたいところですが、今回はやめときました。

海を楽しむ人、見守る人、それを撮る人。

 

【今回の温泉♨️】

二見ヶ浦から車で20分。

伊都の湯どころ

今回は温泉ではなくスーパー銭湯です。

施設詳細

電話 092-331-1000
住所 福岡県糸島市泊765
URL http://genki-ito.jp/fee.html
定休日 第2・3・4水曜日 (祭日の場合は翌日が休み)
時間 10:00~22:30 (22:00最終受付)
泉質 非温泉:地下1200mから湧き出す地下水を利用した湯
設備 露天風呂、大浴場、炭酸ヒノキ風呂、電気風呂、ジャグシー、寝湯、ひのき箱蒸し風呂、水風呂、サウナ、塩サウナ、マイクロミストサウナ
料金 【大人(中学生以上)】一般620円
【大人(中学生以上)】土日祝:一般720円
【子供(3歳〜)】320円
効能 疲労回復など
設備  駐車場・ドライヤー・シャンプー・ボディソープ・無料ロッカーあり
備考 お食事処、岩盤浴(6種類)、休憩室、マッサージやエステ、アカスリ、整骨院、プール、フィットネスジム、ウッドデッキテラス、酸素カプセル

館内は新しく掃除も行き届いて綺麗でした。

今回は祝日だったので人も多くあまりゆっくりできませんでしたが、次回は平日に立ち寄ってみたいと思います。

 

【下山後グルメ🍙】

小腹も空いたので、糸島で美味しいものを探します。

「糸島といえば!」

普通に考えれば、牡蠣とか海鮮丼とかお洒落なカフェとかになりそうですが、

そうならないのが、ボックル登山部!

今回はレトロな雰囲気が漂うレストラン、「加里部」へ行ってみました。

加里部(かりぶ)

伊都のゆどころから車で11分。

昼のオーダーストップは15時。

なんとか30分前に滑り込みました。

サラダのドレッシングの多さに・・・。

迷うぅぅぅ〜。

高い口コミの美味さは確信していましたが・・・。

美味さはもちろん、肉の柔らかさに驚きました。

大盛りご飯が進む進む🍚

15時をすぎても、店内が満席な理由がわかります。👍

皆さんも糸島に立ち寄った際にはぜひ寄ってみてください。

 

【まとめ】

いつものことながらボックル登山部では、登山より観光や遊びに力が入る傾向にありますが、

今回はそれが前面に出る登山でした。

でもまあ、糸島なので仕方ない。

立石山は登山初心者や親子登山にも最適で、夏であれば登山からの海へダイブ!

なんて事もできてしまう山です。

糸島は観光スポットやおしゃれカフェなどが、充実していて

とても1日では遊びきれません。

糸島は低山もたくさんあるので、今回僕たちが登山と観光を組み合わせたように登山とセットで遊ぶのもオススメです。

低山の数だけ糸島に行ける。😆

次は夏あたりにまた糸島へ登りに行きたいな!と思います。

以上!

今回は立石山と糸島観光を堪能したボックル登山部のTOMOでした。

今回のブログが
「面白かった」「参考になった」と思った方は、
Twitter・Facebookでイイね👍シェアしてもらえると嬉しいです。😄

 

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。