SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!!

ボックルヘアのTOMOです!!

今回は先日行ってきた九州百名山の一つ福岡県の犬ヶ岳です。

犬ヶ岳(いぬがたけ)

犬ヶ岳は、福岡県豊前市求菩提と大分県中津市耶馬溪町川原口に位置する標高1130.8mの山。一ノ岳(笹ノ宿)、二ノ岳、主峰(甕ノ尾)、三ノ岳(大日岳)の4つのピークを持つ。福岡県と大分県の県境に位置し、周辺の求菩提山、英彦山と共にかつては修験道の山であった。主峰には避難小屋を兼ねた展望台がある。春先の5月頃にはツクシシャクナゲが咲き、秋には紅葉で有名であり、湧き水も多く自然豊かである。周辺地域は耶馬日田英彦山国定公園に指定されている。

 

2017・12・4(MON)

 

今回のスタート地点は野峠登山口

野峠登山口は、日田から車で45分と、わりと近い!

駐車スペースは4台ほど、トイレは無し。

 

AM6:50 野峠登山口より登山開始

7時だというのに登山口は真っ暗です。

真っ暗な登山道ですが、登山道自体は九州自然歩道となっていて迷うことなく歩けます。

今回のルート⇩⇩⇩

今回のルートは稜線上に展望の良いポイントが多く、歩行距離が多少あるものの急激なアップダウンの少ない歩きやすいコースです。

 

スタートは真っ暗でしたが、だんだんと夜が明けてきたところで・・・

岩場!

上に方には鎖も見えます。

こけたらどこまで転げ落ちてしまうのでしょうか?!

岩場の上は英彦山でしょうか?ナイスビューです!

野峠登山口から約2時間

AM8:50 一ノ岳山頂 到着

一ノ岳山頂にはきれいなテーブルとベンチがあり、なかなかの眺めだが、どれが何山かよく分からないので先に進みます。

一ノ岳山頂から犬ヶ岳へは一度がっつり下ります。

紅葉も終わり木はさみしげですが、足元はありえないほどの落ち葉!

一番深いところでスネのあたりまであり、地面が落ち葉で柔らかいのはありがたいが、時々現れる落とし穴にヒヤヒヤします。

そんなこんな

AM9:30 犬ヶ岳山頂 到着

山頂の気温は3℃。

風があり体感は0℃くらいに感じます。山頂にはちょっとした避難小屋があります。(僕が乗ってる下のやつ)

山頂はまあまあ寒かったので長居はせず、あっさり下山します。

来た道をガンガン下山していきます。

高いところは苦手なのでここは慎重に下ります。

両サイドは崖ですぜ!

朝から誰とも会ってないので、落ちたらきっと誰にも気づかれず・・・ドンマイです!

岩場を慎重に下り

PM12:10 野峠登山口 下山完了

今回は初めての犬ヶ岳だったので、危険個所が少ない野峠登山口からのルートで登りましたが、九州自然歩道だけあり、登山道もわかりやすく景色の良いポイントもいくつもあり、とても歩きやすいルートでした。

ルート上には沢山のシャクナゲの木もあったので今度はシャクナゲの咲くころにもう一度来てみたいなと思いました。

<行動時間> 5時間30分(休憩含む)

<行動距離> 9.4km

<消費カロリー> 2488kcal

以上!

今回は犬ヶ岳のボックルヘアのTOMOでした!!

【ボックル登山部】第48弾! 裏英彦山!

2017年5月24日

英彦山

2017年5月13日

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。