SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです!!

モンブランからは無事下山しましたが、本来準備やトレーニングを含め5日間かけてモンブランに登る予定でしたが、3日間で登山が終わってしまったので今回は下山してからの話です。

まだまだお付き合いください。(笑)

前回の記事はこちら⇩⇩

【海外登山】初めての海外登山フランス MONT BLANCへ⑧登山3日目下山&絶品バーガー編

2019年10月11日

モンブランから無事に下山し、特大絶品バーガーを食べた後は、さっきbooking.comで予約した宿へ。

シャモニー中心部の宿は当日の予約ってこともあり、安い宿は見つけることができなかったのでちょっと郊外へ。

シャモニーのバス停から1⃣番のバスに乗り、揺られること15分。

降りたのはアルジャンティエールの鉄道駅の前にあるバス停🚌

バス停から徒歩3分。

 

ジート ル ベルヴェデーレ(Gite le Belvedere)

今夜の宿⇧ジート ル ベルヴェデーレ(Gite le Belvedere)



玄関ドアがオートロックのため、ロック解除番号を知らされていなかった僕たちは、入るまでに四苦八苦しましたが、室内は落ち着いた内装でかっこいい。

ちなみに⇧の部屋は僕らの部屋ではなく共同のリビングルーム

僕の部屋は⇩⇩

2段ベットが2つの4人部屋。ベット1つ1泊17€。(約2040円)と激安の宿。

荷ほどきもそこそこに、3日ぶりのシャワー🛀

最初はどう頑張っても水しか出てこんで、叫びそうなくらい激寒だったけど、それでもシャワーって最高♡

しっかり3日分の疲れと汚れを流し、

リビングルームで金持ちのような優雅な時間を過ごします。

 

2019・9・6(FRI)

 

腕くらいあるサラミとチーズとパンが僕らの朝食。

コーヒーと紅茶は宿のサービスで24時間飲み放題。

腕サラミとチーズは昨日スーパーで購入してました。

腕サラミは少しスパイシーで、白いサラミは油多めで、2スライスで僕の胃はノックアウト!

がっつり胃もたれ。

僕が食べたいとわがままを言って購入したサラミですが、全部シカ男に丸投げし僕はチーズとパンとドライフルーツとコーヒーで優雅に朝食を済ませます。

【今日の予定】

デカトロンに行く!

デカトロン(Decathlon )とは

フランスのスポーツ用品会社。1976年にフランス北部の都市・リール近郊で設立され、2019年4月現在で54ヵ国に1500以上の店舗を持つ、世界最大のスポーツ用品チェインストアです。 デカトロンの名称は十種競技のフランス語読みからきている。 現在はヨーロッパ中心に店舗を展開しているだけでなく、中国、タイ、香港、スペイン、オーストラリアにも展開しており、日本では2019年3月に第1号店が阪急西宮ガーデンズにオープン。

せっかくのフランス、せっかくのシャモニーですが、僕らの目的地は観光地でもなく登山ショップ!!

昨夜シカ男に低価格の大型登山ショップ デカトロンの存在を教えてもらい、今日早速行ってみることに。

ちなみにシカ男は、一度日曜に自転車で行ったらしいが休みだったようだ。日曜に定休とはさすがフランスだ!!

日本にも1店舗あるみたいですが、僕はデカトロンの名前さえ全く知らんかった。

そのデカトロン マウンテンという名の本店がレ・ズッシュの隣町にあるという。(※本店かは定かではないです。)

デカトロン本店までのアクセスは方法

デカトロンへのアクセス
  1. 鉄道でデカトロンの最寄り駅Saint Gervais – Le Fayetで下車。そこから徒歩40分。
  2. バスでレ・ズッシュまで行き、レ・ズッシュから鉄道に乗りSaint Gervais – Le Fayet駅下車。徒歩40分。

どちらにしても徒歩40分。もはや最寄り駅とは言えないレベルだ。

アルジャンティエール駅は宿からも近く、いいタイミングで乗れれば鉄道の旅もありだな!なんて話ながら宿を出ます。

アルジャンティエール駅へ行ってみると、運賃は片道たしか7€?(約837円)。結構な運賃。しかも次の鉄道の時間まで約1時間半・・・。

1時間半も待っていられないってことで、①の方法で行くことを諦め②の方法でデカトロンに行きます。

バスでレ・ズッシュまで行ってそこから鉄道に乗る。

この方法の良い所はバスが無料なのでレ・ズッシュまでタダで行ける事。バスを乗り継がなければいけないのが多少面倒ですが、その間の運賃も節約できる。

1⃣バスでシャモニー中心部まで行き、2⃣バスでレ・ズッシュへ。🚌

レ・ズッシュのバス停から駅へ。

駅までは徒歩5分。

駅で鉄道の出発時間を確認すると、鉄道出発時間まであと40分。

シカ男が、ここでまさかの提案!!

『30分間ヒッチハイクしてみませんか?』

ハイウェイ乗り場は駅の目の前、ヒッチハイクには好条件らしい。

僕の心の声:ヒッチハイクなんて初めてやし!恥ずかしいし!日本でもしたことなのに嫌や!!

一方、シカ男は慣れた様子で親指を立てすでにヒッチハイクスタイル

早っ!

しかも、堂々した姿!!

普段は自転車移動のはずやのに、くそ!かっこいいやんけ!!

こんな姿を見せられると、もじもじした自分が恥ずかしい。

だもんで!!

人生初のヒッチハイクをやってみた

僕も!!

ヒッチハイクに挑戦!

僕は今までヒッチハイクはおろか、ヒッチハイカーを車に乗せることも未経験。

日本でヒッチハイカーを見ても、他人事だったし、あまりにアピールがすごい人は乗せてあげられなくて申し訳ないので、目を合わせないよう努めていました。

なので、今回の僕もそんなパターンを想像してたのに・・・。

フランス人は違った!

フランス人ドライバーは乗せられなくても、僕たちに陽気に手を振ってくれたり、両手で✖を作ったりとみんな僕らに対し何かしら反応を見せてくれます。

僕みたいに目を合わせてくれないドライバーは1人もいなかった。

 

余談ですが、ヒッチハイクの経験があるシカ男は日本で自身が運転中にヒッチハイカーを目にすると必ず乗せてあげるそうです。もちろん彼女とのドライブデートも例外なく。

ドライブデート中にも関わらず、あまりにもヒッチハイカーをひっきりなしに乗せすぎるシカ男に対し、当時付き合っていた彼女と大喧嘩になったとか、ならなかったとか・・・。

当時のシカ男の彼女には災難でしたが、2人のデートが常に3人。

しかも見ず知らずのヒッチハイカーと3人・・・。その状況を考えると彼女には同情しますが、笑えます。

そんな思い出話をしながらヒッチハイクをすること10分。

一台の車が僕たちに気づき停まってくれました。

交渉はもちろん、英語が堪能なシカ男。

こんなにペラペラやと無敵やね!

あっという間に交渉成立!!

早速乗り込もう!と思った矢先!!

両サイドの後部座席のドアがガバァーっと翼を広げたように上に開く!!

こんな車!モーターショーでしか見たことねぇ!

てか、モーターショー行った事ねぇけど。

そう!あの高級車!!

『ガルウィング』が停まってくれた!!

初めての見るガルウィングドアにテンションが上がる!

初めてのヒッチハイに止まってくれた車がガルウィングなんて、僕はなんと幸せ者なんでしょう。

ガバァーっと開いたドアの向こうには、可愛い子供たち。

シカ男は助手席、僕は3列目に乗せてもらい2人の視線を独り占め♡

2人に癒されながら15分。

デカトロンに到着 🚙

店がデカすぎて駐車場入り口から店が見えない。

有難いことに店舗入り口の前で降ろしてくれました。

親切すぎる!!

よくもまあこんな輩2人組を超高級車に、しかも小さい子供が乗ってるにも関わらず、しかも3列目シートを出すのにわざわざ子供を地べたに置いてまで

見ず知らずの僕たちにこんなに親切にしてくれるなんて、

僕たちのありったけの『Thank you so much』を伝えると、ガルウィングは颯爽とさっていきました。

かっこよすぎる!!🚙

 

デカトロン(Decathlon )

店がでかすぎて全貌が撮れない

広大な敷地には大きな駐車場と店舗、店舗の周りにはぐるっと芝生がひかれていてお試しテントがいくつか建てられています。

コストコくらいの広さがある店内は全て登山・トレラングッズ。品揃えが半端ない。

砂漠を歩くための装備が売られているのには驚きました!!

日本では絶対にお目にかかれない砂漠ブース

そんなデカトロン本店で僕が購入したのはモンブランの登山地図。

登る前に買えよ!

と思うでしょ!僕もそうです。

が、日本にはモンブランの登山地図が売ってない(多分)

Amazonも見たけどなかった。

この地図の縮小版を購入してきました。

(※Amazonにも売ってないと思ってたのは間違いで、帰ってあらためて検索したら出てきた。⇧と⇩はおすすめの2つです。)


せっかくなのでモンブランの山頂に立ちます。

今回は地図上で我慢してやります!

店内はカフェも併設されていて解放感たっぷり、ちょうど昼時ということもあり僕たちはカフェを物色。

カフェでは食べたい物が無かったのでそのままスルー。

スルーし見つけたのは、店舗の外に並べられたビュッフェ🍗

チキンにビーフにスペアリブ、サラダにデザート美味しそうなものがズラーっと店舗外の芝の上にビュッフェスタイルで並べられ、いい匂いをさせています。

しかし残念なことに、これはデカトロン社員の昼ご飯。

いわゆるサラメシ。

てか、昼からビュッフェなんて僕もこんな会社に勤めたい🍖

ビュッフェは諦め、見つけたのはホットサンド?の店!

ここでホットサンドのようなものと、コーヒーを注文。

 

名前も値段も忘れてしまったけど、ローカルフードらしい。

 

 

これがまたデカい!

中身は5~6種類の中からベーコン&ポテトを選びました。

外側は春巻きの皮のような触感。

外はパリパリで中はホクホク、昼ご飯でもおやつでイケる食べやすさと癖になる美味しさ。

雄大な景色を堪能しながら美味いコーヒーとパリパリにがっつき、旅の話に花を咲かせていると、

僕たちの背後から突然!!

ガルウィングのような、更なる幸運がやってきた!

 

つづく・・・。

【海外登山】初めての海外登山フランス MONT BLANCへ⑩旅でやりたいことをやってみた!編

2019年10月20日

 

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。