SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです!!

今回は2日間の連休を利用して、滋賀県にある日本百名山の1つ伊吹山に行ってきました。

伊吹山(いぶきやま)

標高:1,377 m。滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の主峰標高の山である。一等三角点が置かれている山頂部は滋賀県米原市に属し、滋賀県最高峰の山であり、山域は琵琶湖国定公園に指定されている

僕にとっては初めての滋賀県。

前々から滋賀県の伊吹山には一度行ってみたいと思っていました。

 

2019・11・10(SUN)

今回の旅のスタート地点はJR新鳥栖駅。新幹線の旅です。

自宅から車で新鳥栖駅へ🚙

新鳥栖駅 駐車場

新鳥栖駅周辺には、600台を超える規模のパーク・アンド・ライド駐車場を完備しており、JR九州のICカード乗車券 SUGOCA(スゴカ) で駐車料金の支払いができます。

駐車料金

30分以内 無料
30分を超え12時間以内 100円
12時間を超え24時間以内 300円
以降24時間毎 300円加算

駐車場の状況はこちらから確認できます。⇩⇩

新鳥栖駅周辺市営駐車場利用状況

19:29新鳥栖⇨22:21新大阪 🚅

新幹線のチケットはいつも、おでかけネットスマートEXでお得に予約してましたが、僕の入金し忘れが出発の3日前に発覚。もちろん予約してたチケットは自動キャンセルされていました。(汗)

急遽、JRネットで予約でチケット取り直し。

JQカードがあったので、直前にだったにも関わらずお得にチケット予約でき、ほっと一安心。

無事に新大阪へ到着。レンタカー屋へGO!

日産レンタカー

新大阪駅到着が22時以降になってしまうので今回は楽天トラベルで、日産レンタカーを予約。

僕が探した限り22時以降に新大阪駅周辺で予約できるレンタカー屋は、日産レンタカー新大阪新幹線駅前店だけでした。

ホテル チェックイン

今回のホテルは早朝、新大阪駅周辺を運転したくなかったので、駅から離れたところのホテルを予約。

口コミも良く、価格も安かったのでこのホテルにしましたが・・・

多分元ラブホテルです。

そのような名残が多々見受けられました。

と言っても、悪いホテルって事ではなく接客もサービスも良かった。けど絶対昔はラブホテルだったに違いない!

 

2019・11・11(MON)

7:30 ホテル出発

寝心地が良すぎたのか?2時間ほど寝坊。

急いで滋賀県の伊吹山登山口まで車を走らせます。

走ること2時間ようやく伊吹山登山口に到着。

駐車場は登山口の前にも数台あり、1台500円。平日ともあり余裕で空いています。

駐車場に止めるや否や、おばあちゃんが登場。

駐車場の集金係かと思いきや、「うちの駐車場なら今日は400円でいいよ!」と、客引きだったおばあちゃん。

せっかくだから、おばあちゃんの駐車場へと移動しました。

⇧おばあちゃんの店。自販機の横の通路を通って奥の駐車場へ。

通路はかなり狭いので要注意です。

8~10台くらい行けそうな駐車場です。

急いで登山準備を整え登山口へ

登山口には登山届を出すポストと、登山口を少し下ったところにきれいなトイレがあります。

水洗でトイレットペーパーも完備です。

ちなみに、トイレは登山口と1合目、3合目にあるそうです。

9:45 伊吹山登山口 登山開始

予定よりだいぶ遅くなってしまいましたが、元気よく登山開始です!

気温は13℃。意外に温かい。

短パンでも良かったかな?と思いながら、森の中を進んで行きます。

森の緑が眩しいほどに鮮やかです。

今日の天気は曇りのち小雨☔

雨が降らないことを祈ります。

森の中の登山道をじゃんじゃん進むと、周りが開けてきました。

10:17 一合目到着

駐車場から一合目まで約1㎞。意外に結構距離がある。

道路を横断し、再び登山道を進むと正面にあらわれたのはトイレ。

このトイレもきれいです。しかも水洗でトイレットペーパー完備。

こんなにしっかりしたトイレがあると登山者も安心です。

 

<今回のルート>

伊吹山登山口⇒伊吹山山頂⇒伊吹山登山口 と、真正面から登るシンプルなコース。

登山道も分かりやすく迷いようがない。

軽トラでも入っていけそうな道幅で、登山初心者でも安心して登れそうです。

あっという間に二合目。

周りの景色や滋賀県の空気を感じながらゆっくりと進みます。

振り返れば、意外に標高を上げてきたなと感じる景色。

遠くには琵琶湖もうっすら見えています。

天気はまだ曇り。

小雨予報だけど晴れることを祈り、ゆっくりと歩みを進める。

11:15 三合目 到着

一合目から三合目まではびっくりするほど短い。

正面の小屋がトイレ。

このトイレも水洗でもちろんトイレットペーパー完備のきれいなトイレでした。

屋根付きの休憩場もあり、ここでしばし休憩

紅葉も終わりかけですが、まだまだ見ごろ

天気も何だかんだ晴れてくれそうな予感です。

 

つづく・・・。

 

【滋賀県の山・日本百名山】滋賀県の最高峰伊吹山から琵琶湖を一望 ②雷の洗礼からの伊吹そば

2019年11月21日

 

 

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九州。大分県。職業:美容師 美容師をしてますが、登山・筋トレ・ダイエットが趣味。 最近はクレジットカード・格安SIM・投資・マイルに興味あり。 どれもこれも素人ですが、素人目線で気になる事ややり方をブログを書いてます。