SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!

ボックルヘアのTOMOです!!

今回は【福岡県の山】皿倉山から福智山まで全長30kmのロングトレイルに挑戦② 権現・双伍山・尺岳編のつづきです。

前回の内容を忘れてしまった人はぜひ読んでね⇩⇩

【福岡県の山】皿倉山から福智山まで全長30kmのロングトレイルに挑戦② 権現・双伍山・尺岳編

2019年2月28日

菊野林道からは、しばらくほぼフラットな登山道がつづき一気に福智山までの距離を縮めるチャンス!

この辺が今回の長いルートのほぼ半分あたり。

すでに疲労で眠たいのに、この2倍も歩くんだ・・・。と思うとクラクラするので半分という事は一旦忘れます。

しかし多少の体力の消耗はあるものの、まだまだ気持ち良く歩ける。

福智山まであと2.3km。

だいぶ近づいてきました。

12:10 荒宿荘

荒宿荘 (こうしゅくそう)

福智山山頂近くにある無人の避難小屋。利用料金は無料。この無人小屋は、冬の北アルプス剣岳で遭難した、筑豊山の会のメンバーの荒木さんと宿利さんの冥福を祈って、同会により1972年に建てられた無人小屋です。小屋内は非常にきれいに保たれてます。

荒宿荘の隣にある湧き水『たぬき水』を頭から浴びてクールダウン。

湧き水は煮沸しないと飲めないので、勢い余ってそのまま飲まないよう注意しましょう。

湧き水でしっかりクールダウンし、ここからどんどん標高を上げていきます。

山頂まであとわずか、足もだいぶ疲労がたまって上がりづらくなってるけど、そこは気合で登ります。

12:23 福智山

福智山 (ふくちやま)

福岡県北九州市小倉南区直方市田川郡福智町に跨る標高900.6mのである。福智山は福岡県北部に位置する山で、北九州市、直方市、福智町の最高峰である。九州百名山のひとつに数えられ、福智山周辺は平尾台や皿倉山同様に北九州国定公園に含まれている。

福智山山頂からも遠くの遠くに皿倉山がほんのちょこっと見えます。

黄色い〇が皿倉山。八幡駅から福智山山頂でようやく3/5。

この果てしなさに呆然。

とりあえず、天気も良いのでここで休憩。

山頂から少し離れ風の当たらないところで休憩です。

福智山山頂は広くゆっくり休憩できますが、気を付けるべきポイントがあります。

それは、地面に直に座って休憩しない事!

理由はマダニ!

皆さんもマダニの餌食にならないよう気を付けて休憩しましょう。

12:35 福智山 出発

こんなにいい天気なのに短時間しか山頂に居られないのが本当に残念。

だけどゴールはまだまだ先なので、福智山に背を向け進みます。

一旦、福智山をガッツリ下り、そしてガッツリ登り返す。

この先こんなガッツリ系アップダウンが何度も続きます。

13:53 赤牟田の辻(791m)

赤牟田の辻の手前の登りは傾斜45度はありそうなモンスター級の急登。

疲労が蓄積されてきた後半にこの急登は地獄です。

しかも前日の雨で滑りやすくなっていて、登っていても高さの恐怖を感じてしまうので、高所が苦手な僕としては絶対ここは下りたくない。

14:05 焼立山(759m)

その後も連続でやってくるアップダウンに発狂しながらも、足は止めることなくただただ進む

僕より先に同じ道を、猪も歩いたようです。🐗

14:35 山犬の峠(625.1m)

ようやく山頂も、残すは牛斬山あと1つ。

余裕があれば香春岳にでも寄り道しようと思っていたが、余裕なんて皆無です。

今の僕には余裕も体力も微塵も残されていません。

ようやく牛斬山の分岐までやってきました。ここまで来れば牛斬山まであとわずかです。

15:08 牛斬山

牛斬山(うしきりやま)

標高580m。福智山系の南端に位置する福岡屈指の長距離縦走路として知られる皿倉山~尺岳~福智山~牛斬山縦走路の南側の起点となる展望抜群の山岳として知られています。

山頂からの展望は良く、ゆっくり休憩したくなる山頂ですが・・・。

僕に山頂でくつろいでる余裕はありません。

牛斬山の分岐まで戻り、JR採銅所駅を目指し下って行きます。

木々の間をじゃんじゃん下り、沢沿いを下り続け

竹藪が見えてくると、ゴールは近い。

竹藪の先に人工物発見!!

砂防ダムでこれほど喜んだのも久しぶりです。

砂防ダムの横を抜けると、登山道は終わり林道になります。

アスファルトが久しぶりな気がして懐かしい。

ようやく山を下りてきました。

後は、惰性で民家の間を抜け駅に一直線!!

途中なぜか迷いましたが、無事に踏切を渡り

16:05 JR採銅所駅 下山完了

マジで長かった登山がようやく終わりました。

嬉しい事に10分後には小倉駅方面の電車がやってきます。

採銅所駅(さいどうしょえき)

福岡県田川郡香春町大字採銅所にある九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線の無人駅。

 

八幡駅~採銅所駅トレイル詳細

<行動時間> 11時間20分(休憩含む)

<行動距離> 30.0km

<累積標高差> +2492m・-2408m

<消費カロリー> 5709kcal

<心が折れた回数> 4.5回

16:15 日田彦山線 小倉行き

日田彦山線で約42分ゆられ

西小倉で大牟田行きに乗りかえ約10分。

途中、学生たちの帰宅ラッシュにもまれたり、西小倉では乗り換えのため激寒の駅で約20分も短パンで次の電車を待ったりと山を下りても試練は続きます。

17:30 タイムズ八幡東 到着

無事に駐車場に戻ってきました。

帰りの電車の時間まで入れると13時間15分と、今回はとんでもない挑戦をしたなと思います。

正直、今回のルート10時間くらいでで登れるだろうと甘く見ていました。

しかし、実際は11時間を越えてしまい、本当に悔しい。

そして自分の体力の無さを痛感しました。

所々で道に迷った事もあり、時間と体力をロスしてしまったので、次は10時間以内を目標にまた挑戦したいと思います。

長い距離の登山をしてみたい方や、手っ取り早くに6000kcal消費したい方には、ぜひ挑戦して欲しいおすすめのコースです。

でも・・・。

30kmは果てしなく遠いよ・・・。

以上!

今回は【福岡県の山】皿倉山から福智山まで全長30kmのロングトレイルに挑戦③完結編のボックルヘアのTOMOでした!!

 

今回使用したサングラス⇩⇩

⇧軽くてズレにくいのでスポーツ全般、登山やトレランに向いてます。

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。