【日記】美容師が骨折した指で仕事をしてみて思った事

SPONSOERD LINK




こんにちは!

今日も絶好調の!!

ボックルヘアのTOMOです!!

ご存知の方もいるとは思いますが、

先月末に左手小指を骨折しました!

 

3月20日(TUE)

その日は定休日、普段なら早朝から山に行くところだがその日は天気が微妙なので珍しく家にいた。

普段できないところの片付け作業でもしようと、作業開始してすぐ・・・その時は突然やってきた。

重たい荷物を持ち上げ、振り返るとそこにはちょっとしたでっぱりがあり、ガツンっと小指に衝撃がはしりパキッっという乾いた音がなった。

『やってしまったかな~』とは思ったものの、そこまで痛くなかったので作業を続けた。

作業しながらも『パキッて音がなったな~』などと思い挟んでしまった左手小指を見ると多少の貼れと手のひら側の小指部分が内出血。

『ここが内出血って、やっぱり折れちゃったか~』なんて考えているうちにみるみる小指ははれ上がってきた。

すぐに整形外科へ

そして、

まさかの手術!!

予想外の手術だった!

折れ方が悪く、小指に金属を2つもぶち込まれることとなった。

医師が言うには、金属を抜くまで4~6週間、その間手を絶対に濡らさない事!!

正直、それは絶対無理!!

3月は超繁忙期ってこともあり、次の日から予約はパンパン!!

しかも朝からカラー・カラー・カラー・カラーの4連打!!

いつもなら嬉しい4連打だが今回は結構ヤバい。

どこかにシャンプーができるアシスタントがフリーランスでふらふらしてないか?!もしくは、お客さんに連絡して予約を変更してもらうことも考えたが、1日2日で治るわけでもなく何ができて何ができないのかもよく分からないので、明日はとりあえずやれるところまでやっみる事に。

幸いなことに、明日朝一番のお客さんは友人だったこともあり、どこまでできるのか試してみよう。

3月21日(WED)

指先から飛び出た金属と固定のためのプレートで大きくなった小指が入る手袋はどこにも無く、ダイソーで買ってきたLLサイズの手袋の親指部分を切り取り、小指に無理やりかぶせ防水テープで小指の付け根をグルグル巻きにし水が入らないようやってみた。

これで大丈夫かは分からないが、さらに大きくなった小指が入るカラー用の手袋も無いので左手は素手でカラーをするしかない。

カラーもシャンプーも、多少のやりにくさと痛みはあるがやれる。

骨折から3週間と5日

3月21日から今日までの22日間の営業、多い日で一日4回少ない日で1回、左手がはいる手袋が無い僕はもちろんカラーも白髪染めも左手だけは素手で。

もちろん、左手は手のひらも爪も常に真っ黒。

人前に出すには恥かしい手になってしまったが、毎日カラー剤まみれになっていた左手は予想外に全く手荒れしていなかった。

手袋をしていた右手と比べても黒くなってる以外は、手荒れはおろか乾燥する事もなく右手と全く一緒の肌触り。

左手が荒れなかった理由は1つ。

ボックルヘアでは肌や髪にダメージを与えないよう、自分なりにこだわったカラーを使用していたから。

カラーのブログ⇩

【ヘアケア】白髪染めをすると白髪が増えるのは本当だった?!

2017年12月1日

いくらこだわっていても月に1度程度のヘアカラーでは、染めた髪が僕やお客さんが驚くほど目にみえて良いってことを実感することは難しかった。

半年くらい長いスパンで見て、何となくお客さんの髪のダメージや色落ちが減ったかな?くらいで、そこにはお客さん自身の日ごろのケア具合も大きく関係してくるので一概にカラー剤が優しいからどうの・・・とはならない。

だけどこの数日間での連続素手カラーでも全く手荒れが無かったことが、僕の店のカラーは本当に肌にも髪にもダメージが少ない良いものを使っているという事を身をもって実感することができた。

美容師として指を骨折したことはマヌケにもほどがあるが、肌や髪に優しいものをと僕が真剣に選んだ白髪染めやヘアカラー剤が巡り巡って僕自身の肌のためになるとは想像もしていなかった。

お客さんのためにちゃんと良いものを使っていて良かった。

コスパに惑わされず、ちゃんと髪や肌に優しいものを選んだ自分を『いい奴やな~』と思った。

指を骨折しなければ気付かなかった事だけど、もう骨折はしたくない。

そして、家におとなしくいるとケガするから天気が良くなくても山に行こう!

そう思った数日間だった。

以上!

今日も小指以外は絶好調のボックルヘアのTOMOでした!!

SPONSORED LINK




カテゴリー

SPONSORED LINK




新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。